海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 龍馬とおりょう、ゆかりの武信稲荷神社。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年2月23日

龍馬とおりょう、ゆかりの武信稲荷神社。


龍馬とおりょう、ゆかりの武信稲荷神社。

三条大宮にある武信稲荷神社。
武信稲荷神社は、平安時代この近くにあった藤原氏の学問所勧学院と医療施設延命院の守護社として、
創建されたと伝えられています。


IMG_2387


武信稲荷神社と言いますと、坂本龍馬と妻おりょうさん、ゆかりの神社。
江戸時代、神社の南には幕府直轄の六角獄舎という牢獄があり、
幕末、勤王の志士が多数収容されていたそうです。
その中には、龍馬の妻おりょうの父は、勤王家の医師であったため捕らえられていました。


IMG_2393

武信稲荷神社の境内には、御神木の大きな榎があります。
樹齢推定850年、4メートルの幹廻りと樹高23メートルの大木です。

この地に、父を訪ねてくる、おりょうさんの為に、
龍馬は身を隠しながらも榎の幹に「龍」の字を彫ったと伝わっています。


IMG_2390

《武信稲荷神社》
〇京都市中京区三条大宮西二筋目下る
〇拝観/境内参拝自由
〇アクセス 
JR嵯峨野線「二条」駅、市営地下鉄「二条」 駅より徒歩約10分。
市バス「四条大宮」、阪急「大宮」、嵐電「四条大宮」より徒歩約5分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2016年2月23日
« 前の記事「城南宮・150本の枝垂れ梅が見頃。」へ
»次の記事「素晴らしい京人形の世界。」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
春を呼ぶ北野天満宮・梅花祭。
森の精が舞い降りた人形の世界。
梅宮大社の梅も、咲き始めて来ました。
古き英国の田舎を感じる村。
雪帽子の羅漢様。愛宕念仏寺。
京都駅ビル大階段は「バレンタインバージョン」。
東風吹かば。。北野天満宮の梅。
龍馬坂から「維新の道」を歩く。
雪と灯りの世界。美山茅葺の里「雪灯廊」。
二月は梅見月。ありがたい言葉が見えました。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集