海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 素晴らしい京人形の世界。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年2月24日

素晴らしい京人形の世界。


素晴らしい京人形の世界。

四条通り、京人形の田中彌さんは、創業1808年(文化五年)から
200年以上、 四条で営業を続けられている老舗の人形店です。
ショーウィンドウには
季節毎に素晴らしい人形が展示されています。

今は雛人形。

IMG_2498

一階奥に広がる京町家と雛人形に見入ってしまいました。

IMG_2493


二階は、京雛。



IMG_2485

人形の歴史は京の町を中心として発展してきたようです。
平安時代、貴族の子供達の間で、「ひいな人形」を使っての
ままごと遊びのようなものが流行し、これが京人形の始まりだそうです。



IMG_2486

江戸時代に入ると、すべてが江戸中心、将軍中心に変わっていきますが、
人形については、京都を中心に発展を続け、江戸時代末期には、
御所人形が生まれ、宮廷から諸大名への贈答用としても重宝されました。

IMG_2478

京人形の制作工程は、頭、髪付、手足、小道具、着付など、
工程が細かく分業化され制作されているそうです。

檜扇から流れる紐まで繊細。


IMG_2487

田中彌さんの素晴らしい人形さんの世界に
春を頂きました。

IMG_2482


《京人形の田中彌》

〇所 〒600−8005 京都市下京区四条通柳馬場東入立売東町9番地
        
             阪急河原町駅から徒歩五分。            
             地下鉄四条駅から徒歩5分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2016年2月24日
« 前の記事「龍馬とおりょう、ゆかりの武信稲荷神社。」へ
»次の記事「春へのプロローグ。河津桜咲く東寺。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
    フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
    激しい雨でした
    日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く
    1年前の同じ月に投稿された記事
    春を呼ぶ北野天満宮・梅花祭。
    森の精が舞い降りた人形の世界。
    梅宮大社の梅も、咲き始めて来ました。
    古き英国の田舎を感じる村。
    雪帽子の羅漢様。愛宕念仏寺。
    京都駅ビル大階段は「バレンタインバージョン」。
    東風吹かば。。北野天満宮の梅。
    龍馬坂から維新の道を歩く。
    雪と灯りの世界。美山茅葺の里「雪灯廊」。
    二月は梅見月。ありがたい言葉が見えました。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集