海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > JR丹波口駅近く、光徳公園の桜。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月11日

JR丹波口駅近く、光徳公園の桜。


JR丹波口駅近く、光徳公園の桜。

JR丹波口駅近くの光徳公園。
ここでも河津桜が咲いています。

IMG_2733

公園入り口フェンスには、可愛い雀。。。

IMG_2758

ここは公園が出来る前は、専売公社が建っていました。

光徳公園は、五条通りや壬生からも近くて、街の真ん中の公園。

IMG_2751


壬生と言いますと、新撰組ですね。
新撰組の壬生屯所や壬生寺も近く、五条通りを下がると花街の島原も近いです。


IMG_2749


光徳公園では、早咲き桜から遅咲きの牡丹桜まで、
いろいろな種類の桜が咲いて来ます。

今、桜の木には、小鳥が飛んで来ていました。

IMG_2747


≪光徳公園≫

JR丹波口駅から徒歩五分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2016年3月11日
« 前の記事「梅と河津桜咲く清凉寺。」へ
»次の記事「東山花灯路2016・大正ロマン溢れる夢二カフェ五龍閣。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
言葉も忘れる一本桜。
静かに時と思いを伝える「大石桜」。
黄色に浮かび上がる京都タワー。
御所の「糸桜」が咲き始めています。
そうだ、早咲き桜を見に行こう。
いよいよ桜の季節が始まります。
あの頃が蘇る、江若鉄道思い出展。
東寺・春へのプロローグ。
4日間限定,琳派の未来を見る七条の夜。琳派400年プロジェクションマッピング。
2015.東山花灯路の小路を歩く。
弥生三月。花見月・・・枝垂れ梅と椿が見頃です。
木島櫻谷旧宅で見る、日本画と雛飾り。
東近江市五個荘・「東之湖」さん、雛人形の世界。
大正ロマンの絵を見ながら頂くコーヒー。
西国街道・「中小路家住宅」の雛飾り。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集