海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 雨の毘沙門堂に咲く「毘沙門しだれ桜」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月 8日

雨の毘沙門堂に咲く「毘沙門しだれ桜」。


メール プリント もっと見る

雨の毘沙門堂に咲く「毘沙門しだれ桜」。

雨の日の毘沙門堂。
毘沙門堂のある山科は、江戸時代には江戸と京都を結ぶ
東海道の交通の要所として賑わいを見せ
参勤交代の行列は、必ず毘沙門堂にお参りに寄ったそうです。

ご本尊に京都七福神のひとつ、毘沙門天を祀ることから
「毘沙門堂」と呼ばれています。


IMG_3449


毘沙門堂の、春は見事な桜。

秋には、燃える様な紅葉の世界が広がります。

鎌倉時代から桜の名所で知られ、歌人、藤原定家も
『名月記』に花見に訪れたと記しています。
境内に咲く桜は「染井吉野」や「糸桜」など、約50本。


IMG_3458


その中でも一番の見どころは、宸殿前の「毘沙門しだれ桜」。

江戸時代から受け継がれ、現在は五代目。
高さ約10メートル、枝張り約30メートル、樹齢150年を超える大樹です。

降りしきる雨の中、美しい桜の世界が見えました。


IMG_3503


《毘沙門堂》

〇住所   京都市山科区安朱稲荷山町18   
〇時間   8時30分~17時(閉門)
〇境内散策 無料

 ※堂内は大人500円・高校生400円・小中生300円

〇アクセス
 京阪山科駅下車 北へ徒歩約20分。
 地下鉄山科駅下車 北へ徒歩約20分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年4月 8日
« 前の記事「桂川サイクリングロードで嵐山へ。」へ
»次の記事「龍安寺と言えば・・石庭と共に桜が美しいです。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハナミヅキとシバザクラとびわ湖。
    新緑の季節、牡丹が見頃を迎えています。乙訓寺。
    長岡天満宮。キリシマツツジが見頃を迎えています。
    霧の比叡山、行く春を見届ける桜の風景。
    三千株の山吹が見頃。松尾大社。
    奥琵琶湖・海津大崎の桜。
    春への義理。御室桜。
    紅しだれ桜を愛でながら、池の畔で聞くコンサート。
    見渡す限りの桜景色。原谷苑のさくら。
    雨の西陣、立本寺のさくら。
    青空と満開のサクラ。京福電鉄北野線の桜。
    光とかがり火に、浮かび上がる桜の世界。
    雨上がりの嵐山。桜が見頃です。
    春は桜。桜と言えば花見。京都で花見と言えば「醍瑚の花見」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集