海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 飛び石を渡って半木の道へ。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月13日

飛び石を渡って半木の道へ。


メール プリント もっと見る

飛び石を渡って半木の道へ。

日曜日(10日)、加茂街道から飛び石を渡って
「半木の道」(なからぎのみち)へと行きました。
半木の道へは、橋を渡ってでも行けるのですが、
ブログ的には、ここは飛び石渡りです。( ̄m ̄*)

IMG_3772


加茂川には何ヵ所かに、飛び石渡りの出来る所があります。
少し下流の、出町柳にある飛び石渡りは、亀の石や千鳥の石等、大きな
石もあるのですが、ここの飛び石は石の幅が狭いです。

この日は日曜で沢山の人でした。
川の両岸からどんどんと渡って来ます。

IMG_3775


石の上は、両側から渡って来る人で渋滞。
上流の景色をパシャ。

IMG_3810


下流の景色もパシャ。

IMG_3777

飛び石渡りは、遠くから見ているとのどかな風景ですが、
いざ川を渡って行くとなると、それなりに緊張します。
カメラ持ったおじさんが、川に落ちたら辛いものがあります。

狭い飛び石。。
前を進む僕と同じ様なおじさんが、フラッとして足をドボン。
花見酒に足を滑らせたと、半泣き笑顔。。(^□^)

川辺には、何人かの方が靴と靴下を乾かしておられました。
たかが飛び石渡りと言えど、あなどれないですね。

IMG_3778


飛び石を渡って「 半木の道 」 へと着きました。
半木の道には、紅枝垂桜が 約 800mに渡って咲いています。

IMG_3803

「 半木の道 」(なからぎの道)。
 その昔、賀茂川の上流にあった神社が洪水によって流され、
 流れ木が流れ着いた場所で
 流れ木の言葉が変化して・・・半木(なからぎ)と言う名に
 なったとも言われます。

「 半木の道 」 に咲く紅枝垂桜。
 舞妓さんの花かんざしを思い浮かべました。

IMG_3802


紅枝垂を見た後は、再び飛び石を渡って帰りました。

IMG_3783

《半木の道》

〇所       京都市左京区下鴨半木町
〇散策自由

〇交通アクセス  地下鉄「北山駅」下車、徒歩約10分
         市バス「北山橋東詰」下車、徒歩約2分
         地下鉄「北大路駅」下車、徒歩約10分
         市バス「植物園前」下車、徒歩約3分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2016年4月13日
« 前の記事「桜と音楽の夜。「2016平安神宮・紅枝垂れコンサート」。」へ
»次の記事「川端康成が見た御室桜。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    天然記念物「逆さ銀杏」が見頃「西本願寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハナミヅキとシバザクラとびわ湖。
    新緑の季節、牡丹が見頃を迎えています。乙訓寺。
    長岡天満宮。キリシマツツジが見頃を迎えています。
    霧の比叡山、行く春を見届ける桜の風景。
    三千株の山吹が見頃。松尾大社。
    奥琵琶湖・海津大崎の桜。
    春への義理。御室桜。
    紅しだれ桜を愛でながら、池の畔で聞くコンサート。
    見渡す限りの桜景色。原谷苑のさくら。
    雨の西陣、立本寺のさくら。
    青空と満開のサクラ。京福電鉄北野線の桜。
    光とかがり火に、浮かび上がる桜の世界。
    雨上がりの嵐山。桜が見頃です。
    春は桜。桜と言えば花見。京都で花見と言えば「醍瑚の花見」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集