海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 川端康成が見た御室桜。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月14日

川端康成が見た御室桜。


メール プリント もっと見る

川端康成が見た御室桜。

京都は、昨夜から明け方にかけて雨でした。

この雨で、仁和寺の遅咲き桜は散ったのだろうかと
山門前に行きました。

立看板には「落花さかん」の文字。

IMG_3953


山門をくぐり御室桜の所に向かいました。

「落花さかん」。。。
 そんなに落花したのだろうかと思いましたが
 いえいえ、まだぎりぎりセーフでした。


IMG_3906


仁和寺の春と言いますと、桜と五重塔の
この景色ですね。

御室桜の木の高さは2~3メートルと低く、
目の高さでお花見が出来ます。

桜の中の五重塔。


IMG_3911


川端康成さんは小説「古都」の中で、御室の桜の事を
「春の義理」と表現され
「ひと目見たら、春への義理は済む」と書かれていました。


御室桜の花弁は、大ぶりで厚くお多福桜とも呼ばれています。
花弁は昨夜からの雨で濡れていました。

IMG_3916


桜苑から少し境内を進むと、
青もみじが美しい色を放っています。

IMG_3939

こちらはミツバツツジと青空。

花の季節は、桜から次の季節へと
移りつつあるんですね。

IMG_3933


ブログを綴っていて、桜の季節に思う事は、

花が咲いて、散った後は独特な気持ちになります。


IMG_3942

春は花の季節。

これから、ツツジや藤や山吹や牡丹と・・・・
次々と花は咲いて来るのですが

桜の後に残る、何とも不思議な気持ちは・・・
まさしく「惜春」と言う気持ちなのかなと思いました。

春への義理。
御室桜でした。

IMG_3904


《仁和寺》

〇 所    京都市右京区御室大内33

〇アクセス  電車
         JR京都駅から市バス26号系統約40分「御室仁和寺」下車徒歩すぐ。
         京福電鉄御室駅下車徒歩すぐ。

〇アクセス  車 
         名神高速京都南ICから約40分。   名神高速京都東ICから約40分。
         駐車場   500円

〇観桜参拝   大人 500円 子供 200円   AM8:30-PM17:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年4月14日
« 前の記事「飛び石を渡って半木の道へ。」へ
»次の記事「祈り。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハナミヅキとシバザクラとびわ湖。
    新緑の季節、牡丹が見頃を迎えています。乙訓寺。
    長岡天満宮。キリシマツツジが見頃を迎えています。
    霧の比叡山、行く春を見届ける桜の風景。
    三千株の山吹が見頃。松尾大社。
    奥琵琶湖・海津大崎の桜。
    春への義理。御室桜。
    紅しだれ桜を愛でながら、池の畔で聞くコンサート。
    見渡す限りの桜景色。原谷苑のさくら。
    雨の西陣、立本寺のさくら。
    青空と満開のサクラ。京福電鉄北野線の桜。
    光とかがり火に、浮かび上がる桜の世界。
    雨上がりの嵐山。桜が見頃です。
    春は桜。桜と言えば花見。京都で花見と言えば「醍瑚の花見」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集