海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「茶源郷」。茶畑風景広がる和束町。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月27日

「茶源郷」。茶畑風景広がる和束町。


「茶源郷」。茶畑風景広がる和束町。

茶畑風景が広がる京都府相楽郡和束町。(わづかちょう)
和束町までは、京都市内から車で一時間半程の距離です。
京都府の南部に位置する和束町は別名「茶源郷」とも呼ばれ、
町に入れば山の傾斜地につくられた一面の茶畑が迎えてくれます。

IMG_4155

和束産のお茶は、京都府の生産量の約半数をしめ、品質においても全国有数の茶葉の産地です。
黒いシートは、直射日光を避けて生育させている茶葉。


img_0.jpg和束


世界のお茶には、「緑茶」や「紅茶」や「烏龍茶」など様々な
種類がありますが、それらの違いは、発酵させているかどうかで決まり
「焙じ茶」や「玄米茶」などの日本茶は発酵させずに作るため、
すべて「緑茶」に属するそうです。


IMG_4158


夏も近づく八十八夜・・・・
立春から88日目にあたる5月初め頃から、本格的な収穫時期に入るそうです。

IMG_4152


≪和束町へのアクセス≫
〇 京都から電車 みやこ路快速→木津(乗り換え)→大和路快速→加茂
〇 京都から車 R24→山城→R163→加茂(約90分)
〇 大阪から 阪奈道→加茂(約80分)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2016年4月27日
« 前の記事「ツツジ咲く祇園白川。」へ
»次の記事「新緑の季節。牡丹咲く本満寺。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
    フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
    激しい雨でした
    日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハナミヅキとシバザクラとびわ湖。
    新緑の季節、牡丹が見頃を迎えています。乙訓寺。
    長岡天満宮。キリシマツツジが見頃を迎えています。
    霧の比叡山、行く春を見届ける桜の風景。
    三千株の山吹が見頃。松尾大社。
    奥琵琶湖・海津大崎の桜。
    春への義理。御室桜。
    紅しだれ桜を愛でながら、池の畔で聞くコンサート。
    見渡す限りの桜景色。原谷苑のさくら。
    雨の西陣、立本寺のさくら。
    青空と満開のサクラ。京福電鉄北野線の桜。
    光とかがり火に、浮かび上がる桜の世界。
    雨上がりの嵐山。桜が見頃です。
    春は桜。桜と言えば花見。京都で花見と言えば「醍瑚の花見」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集