海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 晴天の葵祭2016。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月15日

晴天の葵祭2016。


晴天の葵祭2016。

15日の京都は、京都三大祭りの一つ、葵祭りでした。
お天気も良く日曜日でしたから約8万人の人出(京都府警発表)となりました。

IMG_4548


午前10時半。
総勢500余名・馬36頭・牛4頭・牛車2基・輿1台の華やかな行列は、
京都御所から下鴨神社へと動き始めました。

IMG_4571


葵祭りは正式名を賀茂祭と言い、下鴨神社と上賀茂神社、両神社の例祭です。
葵祭の起源は6世紀までさかのぼり、日本のお祭りの原点とも言われます。

IMG_4586

祭りに参加する全ての人は 葵の葉をつけ平安時代の装束に
身を包んで御所~下鴨神社~上賀茂神社へ約八キロの道のりを歩いて行きます。

平安衣装の足元は足袋の上から草履や藁ぞうり。
この衣装で八キロの道を、ゆっくりゆっくりと進んで行きます。
行列の長さは約700メートル。
約五百名の人と共に、馬も牛も、この日の主人公です。

IMG_4576


葵祭の起源は、今から約1400年前、全国的に大凶作に見舞われ
疫病が流行った年がありました。
天変地異と疫病をおさめる為、祭礼を行ったのが葵祭の起源と言われています。

沿道から大きな拍手が起こりました。
お祭のヒロイン。
斉王代さんです。

IMG_4580


御所の玉砂利の道を行く御所車。
車輪が「ギシッ」と、音をきしませると藤の花が揺れました。

IMG_4566


                                              つづく

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2016年5月15日
« 前の記事「五月半ばの嵐山から竹林の小路風景。」へ
»次の記事「新緑の中、加茂街道で見る葵祭。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
    フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
    激しい雨でした
    日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く
    七夕に願いを込めて「七夕の催し」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    遠い歴史を思う、嵯峨野・祇王寺。
    夜空の月。ありがとうBALI。
    静寂とARTと花の世界。
    ガムランと、美しい緑のBALI。
    そうだ バリに、行こう。
    常照寺、新緑の世界。
    大正時代の建物から見る、鴨川夜景と北京料理。
    四季は色なり、色は空なり。鷹ヶ峰・源光庵。
    素敵な音楽とナレーション。『JET STREAM』
    つつじの花咲き、青空広がる妙満寺。
    新緑眩しい青もみじの貴船へ、おこしやす。
    初夏を感じる川床の景色。
    嵐山から竹林の小路を歩く。
    「茶源郷」和束。新茶の美味しい季節となりました。
    青空広がる西本願寺。
    五月の空に泳ぐ、120匹のこいのぼり。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集