海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 水面に映る五月の緑。一乗寺・圓光寺。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月 8日

水面に映る五月の緑。一乗寺・圓光寺。


水面に映る五月の緑。一乗寺・圓光寺。

前ぺージからの続きです。
真如堂を出て坂道を下って行くと、正面に見えるのは
如意ヶ岳(大文字の山)標高472 メートル。

IMG_4360

白川通りを通って、一乗寺の細い道を経て圓光寺さんへ。
一乗寺界隈の近くには修学院離宮・詩仙堂・曼殊院・金福寺・宮本武蔵ゆかりの八大神社等・・・と
落ち着いた佇まいの神社や寺院が並んでいます。

圓光寺さんの庭園景色も新緑です。

圓光寺の始まりは、徳川家康が開いた洛陽学校。
僧俗を問わず入学を許し、その開かれた校風は多くの学僧や絵師、
墨跡文人たちを育み、明治以降には、尼寺の修行道場としても
日本文化の発展において、大きな役割を果たして来られました。

IMG_4366


新緑の庭園では、お地蔵様がお迎えしてくれました。

IMG_4363

回遊式庭園に広がる青もみじと竹林。


IMG_4373

こちらは、洛北最古の庭池「栖龍池」(せいりゅうち)。
パステル画の様な水面には
五月の緑が映っています。

IMG_4375


≪圓光寺≫
○ 京都市左京区一条寺小谷町13番地
○ 拝観時間 午前9時~午後5時
○ 拝観料  大人500円
○ アクセス 市バス5/8 一条寺下り松下車 徒歩10分。
  叡山電鉄・一条寺駅下車徒歩15分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2016年5月 8日
« 前の記事「青もみじの世界・五月の真如堂。」へ
»次の記事「義経と静御前、love romanceはここから・・・神泉苑。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の七夕・「北野天満宮会場」
    涼感いっぱい「嵐山・鵜飼」
    夏景色広がる「美山・茅葺の里」。
    「祇園祭・後祭」夕暮れの鉾町に祇園囃子が響きます
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    遠い歴史を思う、嵯峨野・祇王寺。
    夜空の月。ありがとうBALI。
    静寂とARTと花の世界。
    ガムランと、美しい緑のBALI。
    そうだ バリに、行こう。
    常照寺、新緑の世界。
    大正時代の建物から見る、鴨川夜景と北京料理。
    四季は色なり、色は空なり。鷹ヶ峰・源光庵。
    素敵な音楽とナレーション。『JET STREAM』
    つつじの花咲き、青空広がる妙満寺。
    新緑眩しい青もみじの貴船へ、おこしやす。
    初夏を感じる川床の景色。
    嵐山から竹林の小路を歩く。
    「茶源郷」和束。新茶の美味しい季節となりました。
    青空広がる西本願寺。
    五月の空に泳ぐ、120匹のこいのぼり。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集