海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 朝霧の嵐山・青もみじの宝厳院。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月15日

朝霧の嵐山・青もみじの宝厳院。


メール プリント もっと見る

朝霧の嵐山・青もみじの宝厳院。

朝霧の嵐山。
芭蕉さんは、初夏の嵐山を「六月や峰に雲置く嵐山」と詠まれましたが
この時期の嵐山は朝霧の日が多いです。


IMG_5253.jpg

嵐山に流れる大堰川から道を少し入ると、天龍寺の塔頭寺院・宝厳院があります。

青もみじの奥に見える茅葺屋根の山門。


IMG_5165.jpg


茅葺の山門を通り、回遊式山水庭園へ。
宝厳院の庭園は、嵐山の借景を巧みに取り入れた庭園で、
江戸時代の名所案内「都林泉名勝図会」にも紹介された名庭。


IMG_5126.jpg


庭園に続く、青もみじと苔の小路。

IMG_5151.jpg


半円の形の垣根は、豊丸垣。


IMG_5155.jpg

六月の朝霧に洗われた緑が
何とも新鮮です。

IMG_5149.jpg


撫子。

IMG_5131.jpg


庭園のお茶処・無畏庵(むいあん)。
和傘の向こうに緑の世界が見えました。

IMG_5144.jpg

お抹茶と和菓子でほっこり。

和菓子は鼓月謹製の、もみじらくがん。

IMG_5146.jpg

再び小路を進むと光悦垣根が見えました。


IMG_5161.jpg


水紋の様な砂模様。

IMG_5160.jpg

庭園を巡って山門へ。

茅葺き山門では紫陽花が、「また来てね」とご挨拶。
六月半ばの宝厳院。
青もみじと六月の花が綺麗です。

IMG_5124.jpg

≪宝厳院≫
○所       京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
○アクセス    京都駅からJR山陰本線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分。
        京都バス71・72番で「京福嵐山駅前」から徒歩10分。
        市バス28番で「嵐山天龍寺前」から徒歩10分。
        京福電鉄「嵐山駅」から徒歩10分。
        阪急嵐山駅から徒歩15分。

○拝観料  大人500円 小中学生300円(抹茶は別途500円) 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年6月15日
« 前の記事「六月の貴船に広がる緑の世界。」へ
»次の記事「紫陽花と、さしのべ観音様。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    梅雨の日にも行きたい、紫陽花咲く真如堂。
    可愛いお地蔵様に会いに行こう。一条寺・圓光寺。
    哲学の道から法然院に歩く。
    「雨中嵐山」歌碑巡り。
    嵐山・宝厳院。目に優しい緑の世界。
    紫陽花と桔梗咲く、水無月の智積院。
    蒸し暑い日には、お茶と俳句。
    美味しさ実感。天天有でチャーハンセット。
    4500株の紫陽花咲く、柳谷観音楊谷寺さん。
    六月の景色広がる、一乗寺・曼殊院門跡。
    外国人が喜ぶ日本のお土産 。
    細川ガラシャさんを思う勝龍寺城。紫陽花が咲いています。
    地蔵寺。ありがたい言葉が見えました。
    青もみじと竹林を渡る風の音。北嵯峨・直指庵。
    鯖寿司は美味しいです。
    伝統的な京都ラーメンの味。「中華そばほそかわ」さん。
    四条通りの拡張工事。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集