海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「あなたもきっとダリになる」。京都美術館ダリ展。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月 5日

「あなたもきっとダリになる」。京都美術館ダリ展。


メール プリント もっと見る

「あなたもきっとダリになる」。京都美術館ダリ展。

7月1日より、国内最大級の「ダリ展」、が京都市美術館で始まりました。
告知ポスターでは、ダリ本人写真と、「ダリに扮した」ルー大柴さんの写真が並んでいて、
ツイッターなどで大評判となっています。

ポスターの言葉は・・・
「あなたもきっとダリになる」。

CmTuFjHUEAAwwhc.jpg

京都市美術館では、ダリ展開催前日に報道向けの内覧会があり、僕も参加させて頂きました。
展示室に入ってすぐの作品は、「メイ・ウエストの部屋」。

いきなりダリの世界が広がります。

「メイ・ウエストの部屋」は、赤い壁に2点の絵画が展示され、中央には暖炉、
手前に赤いソファが置かれてます。
これは角度を変えて見ると女優のメイ・ウエスト(1893~1980年)の顔になるそうです。

IMG_5723.jpg


スペインが生んだサルバドール・ダリ(1904-89年)は
20世紀美術を代表する芸術家として幅広い世代に広く知られています。

IMG_5724.jpg


約10年ぶりの日本開催となるダリ展は、国内所蔵の重要作品に加え、
スペイン・アメリカからのダリ・コレクションが一堂に会し、日本では過去最大規模の展示となっています。

IMG_5745.jpg

ダリ展では、ダリの初期の作品から晩年までの作品を、世代毎に分けて展示されています。


サルバドール・ダリは、画家であると共に、オブジェ、ジュエリー、執筆、映像制作なども手掛けた
現代アートの先駆けでもありました。
会場ではオブジェやジュエリーや映像も展示されています。


IMG_5739.jpg

会場で、ダリの世界を巡って行きますと、絵の素晴らしさと共に
豊かな発想力に驚きの連続となります。

ポスターの言葉は・・・・・
「あなたもきっとダリになる・・・」

京都市美術館の「ダリ展」は7月1日から9月4日まで開催されています。

《ダリ展》
〇会場     京都市美術館(岡崎公園内)
       〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124

〇観覧料(税込)   一般1,600円  
        高大生1,100円   
        小中生600円    
〇会期     2016年7月1日(金)~9月4日(日)
〇休館日    毎週月曜日 ※ただし、7月18日(月)は開館
〇開館時間   午前9時~午後5時
※ただし、8月11日(木・祝)、12日(金)は午後7時まで
(入場は閉館の30分前まで)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2016年7月 5日
« 前の記事「紫陽花咲く、七月初めの長命寺。」へ
»次の記事「1回し1ダリ。謎が謎を呼ぶ巨大なダリガチャ。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    暑中お見舞い申し上げます。
    気温35・3度。夏空眩しい祇園祭・後祭。
    四条通り、老舗の京人形店に見る祇園祭。
    京都発『ギア-GEAR』。素晴らしいエンターテイメントの世界。
    びわ湖に広がる夏空。
    「雨天決行」前祭り・山鉾巡行。
    台風11号。17日の山鉾巡行はどうなるのでしょうか。
    目に涼感。祇園祭はお店回りも楽しいです。
    祇園祭を数倍楽しむ方法。
    「いよいよ祇園祭」。京都駅も祇園祭り色の、おもてなし。
    4分の1スケールで見る源氏絵巻の世界。
    ありがたい言葉が見えました。西本願寺。
    舞妓さん、おもてなしのビアガーデン。
    幻想的。緑の世界が映る天授庵の庭園。
    感動!ハルカス300からの夜景。
    ここにしか咲かない花。七月の詩仙堂。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集