海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 西本願寺の銀杏が見頃。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月29日

西本願寺の銀杏が見頃。


メール プリント もっと見る

西本願寺の銀杏が見頃。

11月末の今、紅葉は散りはじめた所が多くなって来ましたが
西本願寺さんでは、境内の銀杏が見頃を迎えています。


IMG_8883.jpg

まずは、御影堂前の大銀杏。
幹周/6.5m、樹高/7.0m。

西本願寺のHPによれば樹齢約400年。

大きな銀杏の木は、低い位置から枝が横に伸びていて、
根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」とも呼ばれています。

1636年に植えられたそうで、1788年の天明の大火や
1864年の大火の時、木から水を吹き出して、
大火の前に立ちはだかった事から、「水吹き銀杏」とも呼ばれます。

IMG_8889.jpg


こちらは阿弥陀堂前の大銀杏。


IMG_8869.jpg

阿弥陀堂前の大銀杏は、
幹周/3.97m、樹高/16.5m。


IMG_8874.jpg

ぺージラストは、山門横の銀杏。

IMG_8877.jpg


《西本願寺》
○所      京都市下京区堀川通花屋町下ル
○ 拝観料     無料
○アクセス   京都駅前バスターミナル 市バス9、28、75
       ※京都駅から徒歩でも約17分位で行けます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年11月29日
« 前の記事「晩秋・雨の高桐院。」へ
»次の記事「竹と楓の深秋景色。「洛西・地蔵院」。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    時の速さを思う羅漢様と散り銀杏。
    一休さんが見た竹林と紅葉景色。
    素晴らしい名園。松花堂庭園の紅葉。
    11月末の高桐院。楓の庭。
    紅葉に思う幕末の時。金戒光明寺。
    錦秋景色広がる真如堂。
    八坂の塔から南禅寺へ。
    ありがたい言葉が見えました。浄住寺。
    ドキリとする夜景。「大覚寺・深紅の水鏡」。
    吉野門が映える常照寺の紅葉。
    嵯峨野・広沢の池の秋景色。
    京都祇園ギャラリー。美しい和硝子の世界。
    嵐山とは何処?嵐山とはここ。。
    秋の日の図書館。
    圧巻!美しすぎる東寺ライトアップ。
    ただただ見つめていたい、天授庵の初紅葉。
    ここにしか見えない秋。北嵯峨・直指庵。
    巡る時と秋を眺める羅漢様。
    おおっ!光に輝きPOWERを放つ金閣寺。
    秋と小さなお地蔵様。圓光寺。
    11月初めの嵯峨鳥居本。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集