海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「もみじ参道」も見頃です。光明寺の紅葉。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月 5日

「もみじ参道」も見頃です。光明寺の紅葉。


メール プリント もっと見る

「もみじ参道」も見頃です。光明寺の紅葉。

IMG_9220.jpg

長岡京市の紅葉処、光明寺。(写真は12月3日)。
まずは総門から。

IMG_9125.jpg


光明寺は境内およそ18000坪。
建物33棟。
広い境内には、美しい紅葉景色が広がっています。

総門を入ると、なだらかな石階段が続きます。
振り返り、見上げると鮮やかな紅葉。


IMG_9138.jpg


なだらかな石階段を歩いて本堂に向かいます。
参道に枝垂れる紅葉が見事です。


IMG_9149.jpg



石階段を上った先には、本堂(御影堂)があります。


IMG_9153.jpg


光明寺の紅葉は、総門から本堂に続く参道の紅葉だけでも
ため息が出てしまいます。

IMG_9253.jpg


順路コースに沿いながら写真を載せていますが、境内は何処も
見どころに溢れています。
寺院内に入り、御影堂から釈迦堂への渡り廊下を進んでいきます。

IMG_9175.jpg

続いて、下り廊下で釈迦堂前の庭園へと下って行きます。

IMG_9184.jpg


釈迦堂前のお庭は、信楽庭(しんぎょうてい)。


IMG_9189.jpg


光明寺は、総門から本堂までの紅葉だけでも十分見ごたえありますが、
ここから先がさらに圧巻です。

IMG_9224.jpg


「もみじ参道」に入ります。
もみじ参道は、参道の両側から樹齢150年以上の古木が枝を広げ、紅葉した楓やモミジの
枝々が華やかなトンネルとなって続いています。
長さは約200m。

IMG_9232.jpg

見上げると黄色もみじ。

IMG_9227.jpg


赤色もみじ。


IMG_9239.jpg


光の射し込み方や、木々の枝ぶりや色づき具合で、様々な紅葉の世界を見せています。
紅色に染まった枝と、まだ深い緑のままの枝とが織りなす紅葉景色に
見上げたままになってしまいました。


IMG_9246.jpg


《総本山光明寺》

〇住所:京都府長岡京市粟生西条内26-1
〇紅葉シーズンのみ入山料500円
〇駐車場:なし

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年12月 5日
« 前の記事「参道に広がる見事な紅葉。「鹿王院」」へ
»次の記事「平安京を思う・・京都駅北口の羅城門。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    天然記念物「逆さ銀杏」が見頃「西本願寺」
    ロームのイルミネーション
    1年前の同じ月に投稿された記事
    巡る季節・2015年も大晦日。
    京の台所・錦市場は誕生400年。
    今日は、Xmasイブ。
    駅ビルXmasツリーとアプリ「京都eAR」。
    ヨットに灯るイルミネーションと、世界最大級の花噴水。
    嵐山花灯路。3時間半の点灯時間を有効に歩きましょう。
    嵐山花灯路2015・竹林の小路。
    初冬の嵯峨野広沢の池。
    松尾大社の大きな絵馬「申」。
    黄色楓が美しい。12月の法然院。
    行く秋を見送る清水寺紅葉景色。
    今週、晴れた日の高桐院と真如堂の紅葉。
    教えたくない、山の中の喫茶店「茂庵」さん。
    西行法師が見た深秋景色。二尊院。
    樹齢約400年の大銀杏も見頃です。西本願寺。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集