海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 雪景色の竹の寺。「地蔵院」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月17日

雪景色の竹の寺。「地蔵院」


雪景色の竹の寺。「地蔵院」

西京区の「地蔵院」。
ここは、境内を包む様に竹林が広がり「竹の寺」と言われます。

IMG_9863.jpg


京都には多くの紅葉所がありますが、ここの紅葉は一番遅くに紅葉する所です。
昨年12月初め、空を覆う様に伸びる竹林と色づいた楓の風景は
心に残る美しい風景でした。


IMG_9870.jpg

この日は雪の世界が広がっていました。


IMG_9869.jpg

地蔵院の始まりは、鎌倉時代です。
そして、地蔵院は一休さんが幼少の頃を過ごされた寺院でもあります。

IMG_9877.jpg

一休禅師は、後小松天皇の皇子として
応永元年(1394年)に地蔵院近くで生まれ、幼少の頃を、
この地で過ごされたそうです。

IMG_9902.jpg

地蔵院のある西京区は、市内では西の方に位置し
近くには、苔寺・鈴虫寺があります。
山が近くて、この時期は午後四時を回ると夕暮れが訪れて来ます。

IMG_9883.jpg

一休さんが過ごされた620年前の頃は、
さぞかし静寂の世界、そのものだったでしょうね。
地蔵院に広がる雪景色に、ただただ,見入ってしまいました。


IMG_9901.jpg


《地蔵院》

◎  京都市西京区山田北ノ町23
◎  阪急電車 上桂下車 徒歩約15分   
  京都バス 苔寺下車 徒歩約3分
  市バス 苔寺口下車 徒歩約10分
◎  拝観時間 9:00~16:30  500円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2017年1月17日
« 前の記事「モノトーンの世界「雪の清水寺」。」へ
»次の記事「雪の日、嵐山から竹林の小径を歩く。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の七夕・「北野天満宮会場」
    涼感いっぱい「嵐山・鵜飼」
    夏景色広がる「美山・茅葺の里」。
    「祇園祭・後祭」夕暮れの鉾町に祇園囃子が響きます
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    梅が咲き始めた北野天満宮。
    この冬一番の寒波。美山・茅葺の里。
    源氏物語ゆかりの野宮神社。
    雪の日の、嵐山から竹林の小路。
    ブルッ・・・寒い。金閣寺も雪化粧。
    早咲き菜の花「カンザキハナナ」は満開。
    高さ36m。仁和寺の五重塔。
    「冬の京都の旅」大徳寺 芳春院。
    大徳寺前にある、かんざし&和小物のお店。
    一月の嵐山・時雨殿。
    春を呼ぶ振袖模様。
    50回目を迎えた「冬の京都の旅」のお知らせ。
    新年明けましておめでとうございます。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集