海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 426年の時を越えて残る遺構。「平野御土居」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月 2日

426年の時を越えて残る遺構。「平野御土居」。


426年の時を越えて残る遺構。「平野御土居」。

米国のトランプ大統領がメキシコとの国境に壁を作ると騒ぎになっていますが
京都の洛中洛外を仕切る御土居は、大きな丘であり壁でした。
400年からの時を経て、今は殆どが無くなっていますが
幾つかの御土居跡が残っていて、平野御土居もその一つです。
見上げると、結構な高さです。

IMG_0028.jpg


御土居とは、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が,長い戦乱で荒れ果てた
京都の都市改造の一環として外敵の来襲に備える防塁と,鴨川の氾濫から市街を守る堤防として,
天正19年(1591)に多くの経費と労力を費やして築いた土塁です。
それは、台形の土塁と堀からなり,
御土居の範囲は南北約8.5km、東西約3.5kmの縦長の形で
その長さは22.5キロメートルに及んだそうです。

IMG_0031.jpg


御土居には幾つかの出入り口がありました。
現在でもその名残として、鞍馬口、丹波口、粟田口、荒神口などの地名が残っています。
住宅街に残る、秀吉さんの遺構。「平野御土居」。
それは、426年前の京の町を想像させてくれます。

《平野御土居》 
〇所 北野天満宮北門から出て、平野神社に向かう道を少し歩き、
   住宅街に続く細い道へ左折した所。

IMG_0032.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年2月 2日
« 前の記事「菜の花畑と冬の琵琶湖。」へ
»次の記事「祇園町は「お化け」で盛り上がっています。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
春へのプロローグ。河津桜咲く東寺。
素晴らしい京人形の世界。
龍馬とおりょう、ゆかりの武信稲荷神社。
城南宮・150本の枝垂れ梅が見頃。
紅梅・白梅咲く梅宮大社。
美しい雛人形の世界。春薫。
春を呼ぶ雛人形巡り。
ガラシャさんを偲ぶ勝竜寺城。
春は名のみの 風の寒さや~青空広がる地蔵寺。
苔寺・鈴虫寺からも近い、手打ち蕎麦の店「真心」。
北野天満宮から上七軒そして千本釈迦堂への散策。
4分の1スケールで見る源氏物語の世界。
切り絵とお香で感じる立春。
ロームシアター京都。
冬の大原・宝泉院。これぞ額縁庭園の眺め。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集