海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 織田信長を思う安土城跡。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月23日

織田信長を思う安土城跡。


メール プリント もっと見る

織田信長を思う安土城跡。

滋賀県近江八幡市にある安土城跡に行って来ました。
見上げると長い石段です。

IMG_0337.jpg


安土城は、南側に大手口を設け、そこから山頂に向けて大手道が伸びます。
山頂部には、本丸・二の丸・三の丸からなる主郭が配置されています。


順路は長い石段を登って天主跡まで行き、帰路は三重塔を見ながら
山に沿って降りて来ます。

IMG_0338.jpg


入口の案内には、所要時間は一時間少しとありましたが
結構な運動量となりました。

IMG_0341.jpg

安土城は織田信長が、天下統一を目指し琵琶湖が一望出来る所に
築城した巨大山城です。
山頂には天主(天守)が建ち、信長は、その天主に住んでいたそうです。
しかし完成後わずか3年で本能寺の変が発生。
その数日後には謎の出火により天主や御殿等が焼失しました。

その後、天下が秀吉のものとなると安土城は廃城となりました。

IMG_0344.jpg

2009年の映画『火天の城』(かてんのしろ)では、
安土城の様子が描かれていました。
城跡は、昭和15年から20年間に渡る発掘調査・修復工事が行われ、
当時の雄姿を実感できる状態となってます。


IMG_0354.jpg

雪の残る長い石段を登って天主跡に着きました。
ここには、高さ33メートル、五層七階の天主がそびえていたそうです。

IMG_0365.jpg

天主跡からは、琵琶湖が一望です。


IMG_0358.jpg

帰路は、三重塔(築1454年)や二王門を見ながら進んで行きます。

IMG_0380.jpg

それにしても安土城も三重塔も、この様な高い所に
建てられていたのですから凄いですね。


IMG_0392.jpg


《安土城》

〇 住所  滋賀県近江八幡市下豊浦 
〇 料金 700円

〇 交通  電車  JR東海道本線・安土駅より徒歩18分。
     車   名神道・八日市ICより国道421号線経由13㎞ 。
〇 駐車場      安土城跡駐車場

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年2月23日
« 前の記事「五個荘「商家に伝わるひな人形めぐり」。」へ
»次の記事「もうすぐ梅が咲き始める勝竜寺城。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    春へのプロローグ。河津桜咲く東寺。
    素晴らしい京人形の世界。
    龍馬とおりょう、ゆかりの武信稲荷神社。
    城南宮・150本の枝垂れ梅が見頃。
    紅梅・白梅咲く梅宮大社。
    美しい雛人形の世界。春薫。
    春を呼ぶ雛人形巡り。
    ガラシャさんを偲ぶ勝竜寺城。
    春は名のみの 風の寒さや~青空広がる地蔵寺。
    苔寺・鈴虫寺からも近い、手打ち蕎麦の店「真心」。
    北野天満宮から上七軒そして千本釈迦堂への散策。
    4分の1スケールで見る源氏物語の世界。
    切り絵とお香で感じる立春。
    ロームシアター京都。
    冬の大原・宝泉院。これぞ額縁庭園の眺め。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集