海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 2000株の牡丹が見頃です。「乙訓寺」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月 2日

2000株の牡丹が見頃です。「乙訓寺」。


2000株の牡丹が見頃です。「乙訓寺」。

今、長岡京市の乙訓寺では、
牡丹が見頃を迎えています。


IMG_2438.jpg


乙訓寺は、牡丹の寺としても有名な、
大和長谷寺を本山とする真言宗のお寺。


IMG_2417.jpg


1940年に長谷寺から、牡丹の苗木が献木され、
その後、歴代住職の尽力よって、現在約2000株の牡丹が
美しく境内を彩っています。

IMG_2427.jpg

日除けの白い和傘が青空に映えています。
和傘は雨や陽射しから、牡丹を守る為にたてられていますが、
牡丹の色が映えて美しい景色です。

IMG_2444.jpg


見頃を迎えた乙訓寺の牡丹。
白・ピンク・紫・赤。。。等々
どの牡丹も美しい色合いです。

IMG_2447.jpg

《乙訓寺》

〇所       京都府長岡京市今里3-14-7
〇入山料     大人/500円。
〇アクセス    阪急長岡天神駅から阪急バスで10分
        薬師堂下車から徒歩で5分。

         JR長岡京駅から阪急バスで15分
         薬師堂下車から徒歩で5分。

〇時間      8:00~17:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年5月 2日
« 前の記事「芥川の空には、1000匹のこいのぼり。」へ
»次の記事「青もみじの「愛宕念仏寺」。」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
イノシシがいっぱい「禅居庵」
龍馬が眠る「京都霊山護国神社」
2019年「龍馬」の足跡を訪ねて・・・
白梅が咲いています「清凉寺」
冬の使者・鴨川の「ユリカモメ」
「謹賀新年」京都駅ビル大階段はお正月バージョン
ブログから見た2018年の「京都」
2019年の干支は「亥」・足腰の守護「護王神社」
1年前の同じ月に投稿された記事
五月末の嵯峨鳥居本。
御池通りに咲く紫陽花。
京都タワーを眺めるなら、ここがお勧め。
緑の風に揺れるカキツバタ。太田神社。
新緑の中、加茂街道で見る葵祭。
晴天の葵祭2016。
五月半ばの嵐山から竹林の小路風景。
大人の隠れ家・「魚河岸 宮武さん」。
義経と静御前、love romanceはここから・・・神泉苑。
水面に映る五月の緑。一乗寺・圓光寺。
青もみじの世界・五月の真如堂。
こいのぼりフェスタ1000。
菜の花と流れ橋の風景。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集