海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 女優とバラと絵描きの物語。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月23日

女優とバラと絵描きの物語。


女優とバラと絵描きの物語。

今、京都府立植物園では、五月のバラが満開です。
色とりどりのバラの花。
府立植物園バラ園に咲く薔薇は、約250品種。2,000株。


IMG_2719.jpg

ぺージは、バラにまつわる物語。
薔薇の花と言いますと、「百万本のバラ」の歌が浮かんで来ます。
「百万本のバラ」の歌は、グルジアの画家 ニコ・ピロスマニ(1862~1918が 
女優マルガリータに恋をした逸話で、ラトビアの作曲家が作った曲に、
ロシアの詩人が詩をつけて生まれています。
歌は、短編映画の様に、バラと女優と絵描きの物語を
描いて行きます。

IMG_2732.jpg

グルジア は、かつての旧ソ連邦から1991年4月独立をした国。
西は黒海に面し、北はロシア、南東はアゼルバイジャン、
南はアルメニア・トルコに接する国。
首都はトビリシで、赤いバラ、ワインが特産。

IMG_2741.jpg

ロシア画壇から異端視されたグルジアの画家ニコ・ピロスマニは、
グルジア東部の村に生まれ、グルジアの農村の風景やそこに暮らす人々を
好んで描いていました。


IMG_2750.jpg

時代は、グルジアが革命へと向かいつつある1894年。
フランス人女優『マルガリータ』が彼の住む町を訪れました。
その時、彼女を一目見た彼は瞬く間に恋をしました。
彼女に恋したピロスマニ。
その思いを届ける為に 彼女の泊まる ホテル前広場を 
薔薇の花で埋め尽くしたと言われています。


IMG_2747.jpg

百万本の薔薇。
現在、日本の花屋さんのHPでは、安い薔薇でも1本220円からと載っています。
それが百万本とは、当時の値段でも凄い価格になります。
思いを託した、薔薇の花。
女優マルガリータには、どう映っていたのでしょうか。

IMG_2728.jpg

思いの届かなかったピロスマニは、その後 放浪の旅に出ています。 
そして、15年後に「女優マルガリータ」を描いています。 
1918年、貧困と失意のうちに彼は、亡くなりました。
ピロスマニの名は、没後数年して、
グルジアを代表する画家として再評価されました。


IMG_2744.jpg

時を経た、1969年・・・・・・・
パリで、ピロスマニの個展が開催された時には
マルガリータ本人が現れたそうです。
府立植物園に咲く満開のバラに、女優と画家の物語を思いました。


IMG_2768.jpg


《府立植物園》

○所      京都市左京区下鴨半木町
○アクセス   地下鉄北山駅下車すぐ
○時間     9.00-17.00
○料金     大人200円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年5月23日
« 前の記事「「紅葉美しき所、青もみじ更に美しき」青もみじの真如堂。」へ
»次の記事「平安の時代から咲くカキツバタ。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の七夕・「北野天満宮会場」
    涼感いっぱい「嵐山・鵜飼」
    夏景色広がる「美山・茅葺の里」。
    「祇園祭・後祭」夕暮れの鉾町に祇園囃子が響きます
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    五月末の嵯峨鳥居本。
    御池通りに咲く紫陽花。
    京都タワーを眺めるなら、ここがお勧め。
    緑の風に揺れるカキツバタ。太田神社。
    新緑の中、加茂街道で見る葵祭。
    晴天の葵祭2016。
    五月半ばの嵐山から竹林の小路風景。
    大人の隠れ家・「魚河岸 宮武さん」。
    義経と静御前、love romanceはここから・・・神泉苑。
    水面に映る五月の緑。一乗寺・圓光寺。
    青もみじの世界・五月の真如堂。
    こいのぼりフェスタ1000。
    菜の花と流れ橋の風景。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集