海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 6月初めの神泉苑。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月 5日

6月初めの神泉苑。


メール プリント もっと見る

6月初めの神泉苑。

IMG_2933.jpg

二条城近くにある神泉苑。
神泉苑は、延暦13年(794年)の平安京遷都と、ほぼ同時期に
生まれた庭園で、池には竜神が住むという言い伝えがあり、
常に清泉が湧き出している事から神泉苑と言う名が付いたそうです。

IMG_2912.jpg


神泉苑は、街のオアシスと言える所で、庭園では紫陽花が
咲き始めています。

IMG_2910.jpg


ここでは、遠い時代より雨乞いの儀式が行われて来ました。
儀式の始まりは、天長元年(824年)、京の都は大干ばつに襲われていたので
東寺の弘法大使・空海は、神泉苑で雨乞いの儀式を行なった所、見事に雨が降ったそうです。
以来、神泉苑は 雨乞いの場所になりました。

IMG_2916.jpg


時が、進んで1182年。後白河上皇が、神泉苑で雨乞いの神事をした時に、
白拍子として招いたのが静御前でした。
静御前が舞った直後に大雨となり、上皇より「日本一の白拍子」とのお褒めの言葉を頂いたそうです。
儀式には源義経も参加していて、その時が源義経と静御前、
初めての出会いだったそうです。
運命の出会いは、ここから始まったんですね。
朱塗りの法成橋に、願い事を念じながら渡ると、願いが叶うと言われ
恋愛成就を願う多くの女性が訪れています。

IMG_2941.jpg


そして、神泉苑と言いますと。祇園祭ですね。
貞観5年(863年)疫病が流行り、神泉苑にて多くの御霊を鎮めるため御霊会が行われました。
全国の国の数、66本の鉾を立てて、神泉苑の池にくりこみ、厄払いをしたそうです。
後世には、これが町衆の祭典として、鉾に車を付け、飾りを施して京の都を練り歩く、
祇園祭へとなっています。


六月初めの神泉苑でした。


IMG_2923.jpg

《神泉苑》
   
〇所      京都市中京区御池通神泉苑町東入る門前町166
〇散策自由
〇アクセス   JR西日本山陰本線(嵯峨野線)・京都市営地下鉄東西線二条駅より東へ徒歩で約10分。

        京都市営地下鉄東西線二条城前駅下車、西へ徒歩で約2分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年6月 5日
« 前の記事「カレンダーは六月。紫陽花咲く御池通り。」へ
»次の記事「京都の本を探すなら、ペッパー君がお迎えする岡崎「蔦屋書店」へ。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    花の寺・法金剛院。紫陽花と蓮が咲いています。
    紫陽花と三重塔が美しい岩船寺。
    深い緑と白砂壇の法然院。
    3000本の青もみじの世界。永観堂。
    伏見・十石舟とあじさい景色。
    紫陽花と、さしのべ観音様。
    朝霧の嵐山・青もみじの宝厳院。
    六月の貴船に広がる緑の世界。
    もうひとつの嵐山。
    長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
    日本最大の鉄道博物館「京都鉄道博物館」。
    空を近くに感じる善峯寺。
    そばを食べに「阪急そば」へ。
    今日から六月。紫陽花咲く真如堂。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集