海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 当尾の里の紫陽花寺「岩船寺」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月12日

当尾の里の紫陽花寺「岩船寺」。


当尾の里の紫陽花寺「岩船寺」。

奈良県と境を接する京都府加茂町の「当尾(とうの)の里」は、平安時代後期から
鎌倉・室町時代にかけて浄土信仰の霊地として栄え、今も「石仏の里」として
多くの人に親しまれています。
当尾の里にある岩船寺は、地図を見ると京都と奈良の県境に近いので
奈良県の寺院と思われる方も多いと思いますが、京都府加茂町のお寺です。

IMG_3008.jpg

 
寺院へは京都市内から車で一時間半位の距離。
岩船寺さんへのアクセスは、難しいのが難点ですが
車以外でしたら、JR奈良駅や近鉄奈良駅やJR加茂駅から
バスでのアクセスもあります。

IMG_3044.jpg

岩船寺の歴史は奈良時代にまでさかのぼり、最盛期には広大な境内に
39の坊舎があったそうです。
朱色が鮮やかな三重塔は、室町時代に建てられたもので、
東山に建つ八坂の塔(1440年)とほぼ同時期の1442年の建立です。
2003年に大修復が完了し、創建当時の美しい色が映えています。

石段を登り、山門をくぐると・・・紫陽花の花が迎えてくれました。


IMG_2982.jpg


深い緑の中に広がる、紫陽花と三重塔の景色。


IMG_2984.jpg


岩船寺の境内は、周囲が山です。
山の小路を登りながら境内や紫陽花を見ながら歩きます。

IMG_3016.jpg


山の中腹からは、三重塔の二層目や三層目が目線と同じ高さで見られます。

当尾の里の「岩船寺」。
緑と紫陽花が綺麗です

IMG_3018.jpg

《岩船寺》
○所       京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
○拝観時間    8:30~17:00
○拝観料     大人400円 中高生300円・小学生200円
○アクセス    JR・近鉄奈良駅から浄瑠璃寺行バス終点下車。
         コミュニティバス乗り換え「岩船寺」下車すぐ。
○駐車場     300円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年6月12日
« 前の記事「「さくらであい館」地上約25mから見たパノラマビューの世界。」へ
»次の記事「京都に五重塔は、いくつあるでしょうか。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    photogenicな「嵯峨鳥居本の紅葉」
    可愛いお地蔵さまも「コケ寺リウム」も見れます。「圓光寺」
    色付き始めた紅葉「今熊野観音寺」
    緑の中、三重塔が美しい「岩船寺」
    紅葉始まる、当尾の里「浄瑠璃寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    花の寺・法金剛院。紫陽花と蓮が咲いています。
    紫陽花と三重塔が美しい岩船寺。
    深い緑と白砂壇の法然院。
    3000本の青もみじの世界。永観堂。
    伏見・十石舟とあじさい景色。
    紫陽花と、さしのべ観音様。
    朝霧の嵐山・青もみじの宝厳院。
    六月の貴船に広がる緑の世界。
    もうひとつの嵐山。
    長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
    日本最大の鉄道博物館「京都鉄道博物館」。
    空を近くに感じる善峯寺。
    そばを食べに「阪急そば」へ。
    今日から六月。紫陽花咲く真如堂。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集