海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 龍馬を思う濠川の紫陽花。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月16日

龍馬を思う濠川の紫陽花。


龍馬を思う濠川の紫陽花。

伏見を流れる濠川(ほりがわ)では紫陽花が
見頃を迎えています。
水路の春は桜。
今は約12000株の紫陽花。

IMG_3133.jpg


伏見の歴史は、豊臣秀吉から始まり
水路は、伏見城の築城資材を運ぶため造られました。

伏見は豊かな地下水に恵まれ、流域には酒造会社が多く、白壁の酒蔵が立ち並んでいます。
紫陽花の向こうに見えるのは、月桂冠の酒蔵。

IMG_3148.jpg

江戸時代の水路沿いには、酒蔵と共に廻船問屋並び、多くの小舟が往来していたそうです。
坂本龍馬で有名な寺田屋さんも、すぐ近く。

IMG_3161.jpg


川から上がると、寺田屋さん。


IMG_3181.jpg

江戸時代の伏見は、大阪と京都を結ぶ淀川の舟運の港町として栄えた町で、
寺田屋のような船宿は何件も軒を連ねていました。


又、この辺りは鳥羽伏見の戦いで、薩長を中心とした新政府軍と、
幕府歩兵隊・会津藩兵・新選組など
新政府軍と旧幕府軍の間で、激しい戦闘が行われた所でもあります。

IMG_3178.jpg


再び濠川に戻ります。
伏見城が存在した(1594年)頃の濠川は、城の外堀でしたが
龍馬の生きた時代には、ほぼ、この様な水路だったそうです。
寺田屋事件(1866年)の時、濠川を使って薩摩島津屋敷まで逃れたとも言われています。

IMG_3173.jpg

龍馬は、水路の船を大いに利用したそうで、寺田屋事件で怪我をした龍馬が、
しばらく薩摩藩邸にかくまわれた後、妻のおりょうと共に薩摩へ向かった
「日本最初の新婚旅行」も、ここの船が始まりだったそうです。


IMG_3163.jpg


水路を運行している十石舟は、川の港町としての、
伏見の歴史を伝える観光屋形船です。

龍馬を思う濠川の紫陽花。
見頃です。

IMG_3130.jpg

《伏見濠川》

○所 京都市伏見区南浜町
○アクセス  京阪電車「中書島」下車5分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2017年6月16日
« 前の記事「「紅葉美しきところ 緑の季節 さらに美しき」浄瑠璃寺。」へ
»次の記事「花菖蒲と紫陽花が見頃。「初夏の梅宮大社神苑」。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    photogenicな「嵯峨鳥居本の紅葉」
    可愛いお地蔵さまも「コケ寺リウム」も見れます。「圓光寺」
    色付き始めた紅葉「今熊野観音寺」
    緑の中、三重塔が美しい「岩船寺」
    紅葉始まる、当尾の里「浄瑠璃寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    花の寺・法金剛院。紫陽花と蓮が咲いています。
    紫陽花と三重塔が美しい岩船寺。
    深い緑と白砂壇の法然院。
    3000本の青もみじの世界。永観堂。
    伏見・十石舟とあじさい景色。
    紫陽花と、さしのべ観音様。
    朝霧の嵐山・青もみじの宝厳院。
    六月の貴船に広がる緑の世界。
    もうひとつの嵐山。
    長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
    日本最大の鉄道博物館「京都鉄道博物館」。
    空を近くに感じる善峯寺。
    そばを食べに「阪急そば」へ。
    今日から六月。紫陽花咲く真如堂。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集