海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 祇園白川に咲く紫陽花。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月21日

祇園白川に咲く紫陽花。


メール プリント もっと見る

祇園白川に咲く紫陽花。

京都も昨夜から今朝にかけて、激しい雨でした。
雨が上がり、四条縄手にある「手ぬぐいの永楽屋さん」。
お店前に飾られた、青もみじ・紫陽花・舞妓さんの手ぬぐいが素敵です。

IMG_3254.jpg

縄手を少し歩いて、祇園白川「辰巳大明神」に来ました。
辰巳大明神は、辰巳の方角を守る神社であったと考えられますが、
今では祇園の芸舞妓さんからの信仰を集める、芸事上達にご利益のある小社となっています。

IMG_3271.jpg


辰巳大明神から左を見ると、巽橋から切通しの景色。


IMG_3277.jpg


そしてこちらは、白川沿い朱塗りの玉垣。



IMG_3279.jpg

朱塗りの玉垣から少し進むと、「かにかくに碑」。
歌碑には 祇園をこよなく愛した歌人・吉井勇の詩が 刻まれています。
『かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕のしたを 水のながるる』
歌碑は、昭和30年に吉井勇の古希を記念して建てられました。

img_1.jpgCCC.jpg

かつて・・・この石碑のある所には、「大友」と言うお茶屋がありました。
お茶屋「大友」の女将「磯田多佳」は祇園甲部の芸妓さんでしたが、
一方で夏目漱石、谷崎潤一郎、吉井勇、志賀直哉、高浜虚子、浅井忠、横山大観など
多くの文学者や芸術家と交流した歌人であり、「文学芸妓」と呼ばれていました。

時代が、戦争後期に入り、戦局が悪化して、お茶屋「大友」も撤去され
多佳さんは、終戦の年に亡くなられています。

IMG_3266.jpg

多佳さんが好きだった花は紫陽花。

彼女は終生、雨の日と紫陽花を好まれていたそうです。
今、白川沿いには、あちこちに紫陽花が咲いています。
咲いた紫陽花に、多佳さんの歩まれた時代を思いました。

IMG_3263.jpg

《祇園白川》

〇住所    京都市東山区新橋通周辺 。
〇アクセス 京阪「祇園四条駅」より徒歩3分。
      京阪「三条駅」より徒歩5分。
      阪急「河原町駅」より徒歩5分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年6月21日
« 前の記事「花菖蒲と紫陽花が見頃。「初夏の梅宮大社神苑」。」へ
»次の記事「「あじさい廊下」に広がる紫陽花景色。楊谷寺」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「フォトジェニック」真如堂
    「紫陽花」を巡ろう
    「伏見・濠川」の紫陽花景色
    「ガラシャ」を思う紫陽花・勝竜寺城
    霧発見!「6月なかばの嵐山」
    恋愛成就のパワースポット「神泉苑」
    インスタ映えポイント「嵐電・嵐山駅」
    紫陽花が咲き始めた6月初めの「真如堂」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    花の寺・法金剛院。紫陽花と蓮が咲いています。
    紫陽花と三重塔が美しい岩船寺。
    深い緑と白砂壇の法然院。
    3000本の青もみじの世界。永観堂。
    伏見・十石舟とあじさい景色。
    紫陽花と、さしのべ観音様。
    朝霧の嵐山・青もみじの宝厳院。
    六月の貴船に広がる緑の世界。
    もうひとつの嵐山。
    長岡京市の紫陽花寺。楊谷寺。
    日本最大の鉄道博物館「京都鉄道博物館」。
    空を近くに感じる善峯寺。
    そばを食べに「阪急そば」へ。
    今日から六月。紫陽花咲く真如堂。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集