海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 願い事は「らくがき寺」へ。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月30日

願い事は「らくがき寺」へ。


願い事は「らくがき寺」へ。

京都府八幡市にある、通称「らくがき寺」に行って来ました。
正式名称は「単伝庵」。
今、世界の多くの、観光地や遺跡や寺院で「らくがき」が問題となっています。
ところが、日本でおそらく唯一「単伝庵」は、らくがきOKのお寺です。


IMG_4366.jpg

パンフレットによると単伝寺は、江戸時代初期に創建された
臨済宗妙心寺派の寺院で、大黒堂を建立する際、さまざまな援助を受けたことから、
大黒様に願い事がよく見えるように、
大黒様が納められている大黒堂の内側の白壁に願いを書き込むようにしたそうです。

IMG_4372.jpg


以来、訪れた参拝者が境内の大黒堂の白壁に自由に願い事を書けるようになりました。

「らくがきOK」と言いましても、許されるのは大黒堂の中の決められた場所だけです。
そして毎年、大晦日になると文字が書かれた白壁は塗り替えられるそうです。

IMG_4371.jpg


お堂の内部の白壁は、落書きでびっしりです。
でも、壁の文字を見ると「落書き」とは言っても、無意味ないたずら書きは
ほとんどありません。


《単伝庵》らくがき寺
〇所   京都府八幡市八幡吉野33
〇時間  土・日・月曜の09~15時のみ拝観可。
     定休日:火~金曜
〇京阪電車八幡市駅から徒歩10分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年7月30日
« 前の記事「「祇園祭」後祭の山鉾巡行。」へ
»次の記事「七夕飾りの北野天満宮。」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
祇園祭「還幸祭」の夜。
コンチキチン・・後祭りの祇園囃子が聞えます。
「ちいさいおうち」の祇園祭展。
沿道には19万人。祇園祭・前祭り山鉾巡行。
織田信長と長刀鉾。
切り絵と香りで感じる祇園祭。
暑い日には、舞妓さんのビアホール。
祇園祭・鉾建てが行われています。
いよいよ祇園祭です。
梅雨明けまではもう少し。
1回し1ダリ。謎が謎を呼ぶ巨大なダリガチャ。
「あなたもきっとダリになる」。京都美術館ダリ展。
紫陽花咲く、七月初めの長命寺。
当尾の里・浄瑠璃寺に広がる緑の世界。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集