海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 男山ケ―ブルで「石清水八幡宮へ」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月 2日

男山ケ―ブルで「石清水八幡宮へ」。


男山ケ―ブルで「石清水八幡宮へ」。

京都府八幡市の石清水八幡宮へと向かいました。
石清水八幡宮の建つ男山(標高143m)は、木津川・宇治川・桂川の三川が合流し
淀川となる位置にあります。

IMG_4362.jpg

男山の麓からケーブルに乗って山上駅へ。

IMG_4363.jpg


山上駅から石段を少し上ったところにある展望台。

男山展望台からは、遠くに京都の街や比叡山、愛宕山が見えます。
眼下に流れる川は大阪へと続いています。


IMG_4358.jpg


展望台にある、谷崎潤一郎さんの文学碑。

IMG_4355.jpg

「わたしの乗った船が洲へ漕ぎ寄せたとき男山はあたかもその絵に
 あるやうに まんまるな月を背中にして 全山の木々の繁みがびろうどの
 やうな津やをふくみ、まだどこやら夕ばえの色が残つてゐる
 中空に暗く濃く黒ずみわたつてゐた」

IMG_4356.jpg

竹林と木々の参道を歩いて、朱色が映える御本殿に入りました。
「やわたのはちまんさん」と親しまれる石清水八幡宮。
創建は、貞観元年(859年)。
2016年2月には、「石清水八幡宮本社」10棟は国宝に指定されました。


IMG_4345.jpg

男山は都からみて、裏鬼門(南西の方角)に位置し、鬼門(北東の方角)に位置する
比叡山延暦寺とともに都の守護、国家鎮護の社として篤い崇敬を受けてきました。

国家鎮護、厄除開運、必勝・弓矢の神として毎日、沢山の人がお参りされています。

IMG_4348.jpg

《石清水八幡宮》

〇京都府八幡市八幡高坊30

《男山ケーブル》
〇営業:7:40~18:45
〇料金 大人:200円 片道
   子供:100円 片道
〇区間   八幡市駅~男山山上駅
〇所要時間 :3分 、15分間隔で運転

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2017年8月 2日
« 前の記事「七夕飾りの北野天満宮。」へ
»次の記事「「夏の日の八坂の塔」。」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
夏の終わりの伊根花火。
「残暑お見舞い申し上げます」。
「1千万ドルの夜景」。青く輝く神戸の灯り。
雨の中、五山の送り火「鳥居形」。
虎屋菓寮で「宇治みぞれ」。
夏空広がる石清水八幡宮。
鴨川に灯る光の七夕飾り。「京の七夕」。
暑中お見舞い申し上げます。
かがり火揺れる、嵐山鵜飼い風景。
本場宇治で頂く「宇治抹茶アイス氷」。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集