海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 京から宇宙を想う「京都大学花山天文台」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月14日

京から宇宙を想う「京都大学花山天文台」。


メール プリント もっと見る

京から宇宙を想う「京都大学花山天文台」。

IMG_4505.jpg

「第42回 京の夏の旅 文化財特別公開」(平成29年7月8日(土)~9月30日(土))
 で公開されている「京都大学花山天文台」に行って来ました。

花山天文台のある所は、将軍塚のある東山ドライブウェイから、
さらに山奥へ進んだ所にあります。
天文台へ続く山道は、かつて陸軍の工兵隊が訓練も兼ねて造り上げたものだそうです。

IMG_4489.jpg


山道を進んで行くと、本館受付の文字。
天文台までは、もう少しです。

IMG_4492.jpg


見えました。
ここが京都大学花山天文台。


IMG_4496.jpg

花山天文台は、昭和4年、京都帝国大学附属施設として設立され
88年の歴史を持つ天文台です。
「花山」は「はなやま」でなく「かざん」と読みます。
建物の中を上がって行きます。

IMG_4502.jpg


これが、口径45cmの屈折式天体望遠鏡。
大きいです。
この巨大な天体望遠鏡からは、かつて火星観測が専門的にされ、
世界的な発見をし続けたそうです。

IMG_4520.jpg

天体望遠鏡の下に鉄のおもりが見えますが、星を追いかける際に、
鉄のおもりの重力を使って稼働させます。
ガイドさんの説明では「メリットとしては停電に強い事です」と、おっしゃってました。
確かに、停電になっても天体観測が続けられるのですから、この存在感やレトロ感は凄いですね。

IMG_4510.jpg



本館の天体望遠鏡の横のドアから外へ出ると、
建物の外側を一周する通路があります。
眼下の白いドーム形の建物は、現役最古(107年)の
太陽観測の天体望遠鏡の建物。

IMG_4514.jpg

敷地内にある、歴史館では、天文台の歴史を語る資料や天体観測資料などが
展示されています。

IMG_4529.jpg

山科を通る度に、山の上に建つドームの建物「花山天文台」は、
以前から気になっていました。
今回、「京の夏の旅の特別公開」で訪れてみて感じたことは、
天文台に続く道を工兵隊が開いた事や、88年の歴史を感じる天文台の存在感でした。


IMG_4523.jpg

《京都大学花山天文台》

〇所     京都市山科区北花山大峰町(東山ドライブウェイ内)
〇アクセス  地下鉄東西線「蹴上駅」下車、1番出口からタクシーで約5分
〇入場料      800円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2017年8月14日
« 前の記事「夏・深緑の「祇王寺」。」へ
»次の記事「夏の清滝・・・昭和を思う「渡猿橋」。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏の終わりの伊根花火。
    「残暑お見舞い申し上げます」。
    「1千万ドルの夜景」。青く輝く神戸の灯り。
    雨の中、五山の送り火「鳥居形」。
    虎屋菓寮で「宇治みぞれ」。
    夏空広がる石清水八幡宮。
    鴨川に灯る光の七夕飾り。「京の七夕」。
    暑中お見舞い申し上げます。
    かがり火揺れる、嵐山鵜飼い風景。
    本場宇治で頂く「宇治抹茶アイス氷」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集