海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 8月末の「伊根の舟屋」。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月27日

8月末の「伊根の舟屋」。


メール プリント もっと見る

8月末の「伊根の舟屋」。

八月ラストの週末、京都府与謝郡伊根町の「伊根の花火大会」へと向かいました。 
伊根町へは、京都の中心街から116Km。有料道路を走って二時間半位の距離です。
伊根町までの経路には、舞鶴・由良海岸・宮津・天橋立があり
海水浴場も多くあります。
舞鶴を過ぎ、海が近くなって来ると、由良川を渡る宮津線が見えました。

IMG_4640.jpg  

ゴトン ゴトン・・列車が来ました。
車窓の右手は由良川。
左手には由良の海が広がります。
由良は、文豪・森鴎外の「山椒大夫」のもとになった 
民話・安寿と厨子王の舞台でもあります。

IMG_4641.jpg


由良から宮津を経て、伊根に着きました。
海際に立ち並ぶ家々。
ここではかつて、映画「男はつらいよ寅次郎あじさいの恋」や、
NHKドラマ「ええにょぼ」でも舞台となりました。

IMG_4673.jpg


舟屋の景色は、まるで家々が海に浮かんでいるようにも見えます。
伊根湾の沿岸にはこのような「舟屋」が約230軒、軒を連ねています。
舟屋は、船を海から引き上げて、風雨や虫から守るために建てられた家屋です。
船を収納する一階、二階は網の干し場や漁具置き場として使われています。


IMG_4652.jpg


家のような形をしているので、舟屋に人は住んでいるのかと思いますが・・
舟屋に住んでいる方は少なくて、すぐ傍にある母屋が
住まいとなっているそうです

IMG_4666.jpg

ここは、山が近くて前は伊根湾。

IMG_4677.jpg


舟屋は明治時代に集落に道路を敷いた際に、
海側に舟置き場や蔵などを集積させたのが
現在の特長ある伊根の町並みのはじまりとされています。


IMG_4645.jpg

建ち並ぶ舟屋のほとんどは明治中期から昭和初期に
建てられたものだそうです。
マンホールデザインも、伊根の舟屋。

IMG_4653.jpg

夕暮れの伊根町。
風情ある町並みを歩きながら、花火の時を待ちました。

                               つづく・・・・

IMG_4679.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年8月27日
« 前の記事「夏を見送る「愛宕古道街道灯し」。」へ
»次の記事「夏の終わりの「伊根の花火大会」。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏の終わりの伊根花火。
    「残暑お見舞い申し上げます」。
    「1千万ドルの夜景」。青く輝く神戸の灯り。
    雨の中、五山の送り火「鳥居形」。
    虎屋菓寮で「宇治みぞれ」。
    夏空広がる石清水八幡宮。
    鴨川に灯る光の七夕飾り。「京の七夕」。
    暑中お見舞い申し上げます。
    かがり火揺れる、嵐山鵜飼い風景。
    本場宇治で頂く「宇治抹茶アイス氷」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集