海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「高雄・神護寺」空海を思う紅葉景色。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 6日

「高雄・神護寺」空海を思う紅葉景色。


「高雄・神護寺」空海を思う紅葉景色。

IMG_5618.jpg

京都の紅葉で11月初旬から見頃を迎える高雄エリア。
愛宕山麓に抱かれた高雄・槇尾・栂尾は、古来「三尾」と呼ばれ、
都でいち早く紅葉する地として愛されて来ました。
地元新聞の紅葉情報でも、大原の三千院と高雄・神護寺は見頃マークが載りました。

IMG_5601.jpg

見頃を迎えた高雄。
将軍・足利義政は、応仁の乱の最中にさえ高雄へ紅葉狩りに訪れたと言われる紅葉処です。
長い石段を辿り神護寺へと向かいました。
まずは、国道162号(通称・周山街道)沿いの駐車場に車を停めて
石段を下りて行きます。

IMG_5527.jpg

続いて、清滝川に架かる高雄橋を渡ると、
今度は登りの石段。


IMG_5537.jpg

石段は、まだまだ続いていて汗が流れて来ます。
石段両側には夜間参拝用のライトが配置されています。

IMG_5551.jpg

神護寺と言いますと、最も縁深いのが、開祖・弘法大師空海。
唐で密教を修め、帰国後の809年、同寺の前身「高雄山寺」に入山し、
14年間住持をし、真言宗立教の礎を築きました。

IMG_5552.jpg

神護寺の山門が見えて来ました。

IMG_5561.jpg


山門に枝垂れる楓。
風のある日は、石段下から山門に向けて
風が吹き上げて来ます。

IMG_5567.jpg

山門横の書院の屋根鬼瓦も楓模様。


IMG_5628.jpg


山門をくぐり広い境内を巡って行きます。
陽射しを浴びた楓が綺麗です。


IMG_5637.jpg

金堂に続く石段。


IMG_5596.jpg


高雄は、山々が広がり朝晩冷え込む所です。
空海がいた頃の夜には、漆黒の闇が広がっていたのでしょうね。
金堂裏から見た多宝塔。


IMG_5593.jpg

空海の言葉。

「納涼房に雲雷を望む」
雲蒸して谿浅きに似たり 雷渡りて空地の如し
颯颯として風房に満ち 祁祁として雨嵐を伴う  云々

弘法大使「性霊集」巻第一より


IMG_5613.jpg

「私の住む高雄の納涼房から、前方の景色を見渡すと、
 谷間から雲が沸き上がり深い渓谷を覆っている。
 又、空には雷が鳴り渡り、平地であるかの様である。
 風は音を立てながら、庵に舞い込んでくる。雨は勢いよく
 暴風と共に降り注ぐ。」(口語訳)

IMG_5608.jpg

空海が見た約1200年前の秋には、どんな紅葉景色が広がっていたのでしょうか。
高雄・神護寺の紅葉。
見頃です。

IMG_5600.jpg


《高雄・神護寺》

○所 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地

○アクセス バス
 京都駅からJRバスで約50分 「山城高雄」下車(徒歩約20分)

 四条烏丸から京都市営バス8号系統で約45分 「高雄」下車(徒歩約20分)

〇アクセス 車
 京都南インターより162号線経由で約50分

○駐車場 神護寺には駐車場はありません。周辺に私営駐車場があります。千円

○拝観
 日中参拝  9:00~16:00 (閉門17:00)   参拝料 (500円)
 
 ライトアップ夜間参拝 11月1日(火)~2017年11月23日(木)
 午後5時から午後7時まで 参拝料 (800円)(参道のライトアップは午後8時00分まで)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年11月 6日
« 前の記事「明治から続く西陣の飴の店「たんきり飴本舗」。」へ
»次の記事「光に映える「嵯峨鳥居本」の紅葉。」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
京都NO1! 金運アップの強力パワースポット「御金神社 」
勝海舟ゆかりの「常林寺」では、秋の特別参拝が行われています
京都・映画誕生の碑「真如堂」
9月初めの「流れ橋」を歩く
白砂壇美しい「法然院」
行く夏を見送る「伊根花火」
紅梅のかき氷「桜井屋」
五山の送り火「鳥居形」
1年前の同じ月に投稿された記事
竹と楓の深秋景色。「洛西・地蔵院」。
西本願寺の銀杏が見頃。
晩秋・雨の高桐院。
清水の舞台から広がる、晩秋景色。
祇王が見た秋景色。「嵯峨・祇王寺」。
吉野大夫が見た紅葉景色。「鷹峯・常照寺」。
鷹峯・しょうざんリゾートの夕景。
一年待ち続けた紅葉。真如堂
八瀬に広がる紅葉景色。
北嵯峨・直指庵にて・・・・
当尾の里・岩船寺にて・・・
朝の奥嵯峨から嵐山を歩く。
GOLDに輝く寺院。「金閣寺」。
錦秋の松花堂庭園。
当尾の里。浄瑠璃寺の紅葉。
色付いた紅葉が清流に映る、清滝の秋。
物語のあるショーウインドウ。「100人の小さなサンタの物語」。
屋根のお猿さん。赤山禅院。
紅葉万華鏡。嵯峨鳥居本。
鮮やかなドウダンツツ。毘沙門堂。
色付き始めた紅葉。洛北・圓光寺にて。
空海の言葉が心に響く「神護寺の紅葉」。
人気の洋食屋さん。
11月。京都の紅葉予想。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集