海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 光に映える「嵯峨鳥居本」の紅葉。

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 7日

光に映える「嵯峨鳥居本」の紅葉。


メール プリント もっと見る

光に映える「嵯峨鳥居本」の紅葉。

木々が色付く頃になると、ここに来てしまいます。
色付いた楓の向こうに、「鮎の平野屋」さんが見えました。

IMG_5643.jpg

奥嵯峨とも呼ばれる嵯峨鳥居元は、嵯峨野の西北、愛宕山のふもとに位置します。
光を受けた楓が綺麗です。

IMG_5649.jpg

古い町並みと静かな景色が広がる愛宕街道。

嵯峨鳥居本は嵐山・嵯峨野エリアの中では、最も奥深い場所にあり
嵐山駅から徒歩で約30分位かかります。
ここは、ゆっくりと歩きたい所。

IMG_5658.jpg


嵯峨鳥居本の歴史は古く室町時代頃から農業、林業や漁業を営みながら発展、
江戸時代には鎮火の神として信仰を集め、愛宕神社の門前町として賑わって来ました。
現在ものどかな風景と草葺きの民家、江戸時代から続く鮎料理のお店などが残っています。


IMG_5654.jpg

こちらは、鮎の「つたや」さん。


IMG_5665.jpg

夏の終わりの日、愛宕街道では「愛宕古道街道灯し(あたごふるみちかいどうとぼし)」が行われました。
それは、清凉寺から化野念仏寺、愛宕神社の一の鳥居まで続く行灯の灯りです。
この夏も8月23日〜25日の3日間、奥嵯峨の古い町並みに、大小様々な行灯が灯りました。

IMG_5661.jpg

嵯峨鳥居本の紅葉。
見頃を迎えつつあります。

《嵯峨鳥居本》

○所      〒616-8439 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本
○アクセス
       JR嵯峨嵐山駅から2.2km徒歩約30分
       京福電鉄嵐山駅から2.2km徒歩約31分
       阪急嵐山駅から3.1km徒歩約41分
       京都駅から京都バス72番清滝行きバス乗車約60分鳥居本下車3分

○鳥居本周辺の見所
愛宕念仏寺、化野念仏寺、一之鳥居、平野屋、つたや、
四季の花々、紅葉、古い町並み。

IMG_5669.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2017年11月 7日
« 前の記事「「高雄・神護寺」空海を思う紅葉景色。」へ
»次の記事「嵐渓に映る紅葉景色「嵐山」。」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    圧巻の夜景!「清水寺ライトアップ」
    「八坂の塔」を見ながら歩く小路
    歩いても眺めても良し「詩仙堂の紅葉」
    宮本武蔵を思う「八大神社」。
    羅漢像が見る「赤山禅院」の紅葉。
    京大の中のレストラン『カンフォーラ』。
    彩りの時を迎えた「真如堂」。
    一枚の絵の様な紅葉景色。一条寺「圓光寺」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    竹と楓の深秋景色。「洛西・地蔵院」。
    西本願寺の銀杏が見頃。
    晩秋・雨の高桐院。
    清水の舞台から広がる、晩秋景色。
    祇王が見た秋景色。「嵯峨・祇王寺」。
    吉野大夫が見た紅葉景色。「鷹峯・常照寺」。
    鷹峯・しょうざんリゾートの夕景。
    一年待ち続けた紅葉。真如堂
    八瀬に広がる紅葉景色。
    北嵯峨・直指庵にて・・・・
    当尾の里・岩船寺にて・・・
    朝の奥嵯峨から嵐山を歩く。
    GOLDに輝く寺院。「金閣寺」。
    錦秋の松花堂庭園。
    当尾の里。浄瑠璃寺の紅葉。
    色付いた紅葉が清流に映る、清滝の秋。
    物語のあるショーウインドウ。「100人の小さなサンタの物語」。
    屋根のお猿さん。赤山禅院。
    紅葉万華鏡。嵯峨鳥居本。
    鮮やかなドウダンツツ。毘沙門堂。
    色付き始めた紅葉。洛北・圓光寺にて。
    空海の言葉が心に響く「神護寺の紅葉」。
    人気の洋食屋さん。
    11月。京都の紅葉予想。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集