海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 紅葉見頃の「鷹峯」を歩く

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月24日

紅葉見頃の「鷹峯」を歩く


紅葉見頃の「鷹峯」を歩く

前ページの常照寺からの続きです。11月23日の祝日。
鷹峯にある源光庵・・光悦寺・・吟松寺へと歩きました。
北区の鷹ヶ峰は、市内でも高い所にあり朝晩は冷え込みます。
かつて鷹ヶ峰街道は交通の要所で、京都から周山を通り美山町・小浜市へ抜ける街道でした。
明治19年から、交通は福王寺から栂尾を通るルートになり、鷹ヶ峰街道は幹線道から外れたそうです。

IMG_6442.jpg

源光庵に入りました。
源光庵の山門に続く参道は、ひし形の石畳。
そして参道の両側からは、背の高いススキが迎えてくれます。
山門の上には、丸い窓がふたつ。それは夜空に浮かぶ月のようにも見えます。


IMG_6375.jpg

源光庵と言いますと、迷いの窓と悟りの窓が有名ですね。


IMG_6379.jpg

ここの紅葉も見頃です。

IMG_6384.jpg

源光庵から、少し歩くと光悦寺。
光悦寺と言いますと、参道のもみじのトンネルが美しいです。

IMG_6364.jpg


光悦寺は、江戸時代に本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)が、徳川家康より
鷹峯の地を寄進され、光悦が亡くなった後に 日蓮宗の寺院となっています。
本阿弥 光悦は、書家、陶芸家、漆芸、茶の湯などに名を残す 江戸時代の素晴らしい芸術家でした。
今の時代で言うとデザイナー。総合プロデューサーに例えられるでしょうか。

IMG_6367.jpg


光悦は、鷹峯のこの地に芸術村(光悦村)を築いた事でも知られています。
俵屋宗達、尾形光琳と共に、日本の素晴らしいデザインの形・・・
『琳派』の創始者として、芸術文化に大きな功績を残しています。
光悦寺には大正時代に建てられた茶室が7つあり、すぐ近くに
鷹峰三山(鷹ヶ峰、鷲ヶ峰、天ヶ峰)が見えます。

IMG_6369.jpg

光悦寺から更に進むと、長い坂道が続いています。
坂道の名は、長坂道。名の通り、かなり急こう配の坂道です。


IMG_6362.jpg

長坂道を下り、左折して紙屋川沿いの道を歩くと吟松寺(ぎんしょうじ)。
ここは、知る人ぞ知る、鷹峯の隠れ紅葉スポットです。

IMG_6224.jpg


観光寺院ではないため、拝観料も必要ありません。
しかし他と紅葉名所と比べても遜色ない美しさです。

IMG_6214.jpg

この辺りは山裾で谷になる為、吹き抜ける風が強くて
ハラハラと舞う楓の景色が、とても綺麗です。
この後、紙谷川沿いの道を歩き、「しょうざん」へと続きます。

IMG_6359.jpg


《鷹峯》
〇所    京都市北区鷹峯北鷹峯町
〇アクセス 市バス 鷹峰源光庵前下車
〇周辺の見所  常照寺  源光庵  光悦寺

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2017年11月24日
« 前の記事「黄色・・赤色・・茜色「常照寺色の紅葉」」へ
»次の記事「錦秋景色広がる「しょうざんリゾート」」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
竹と楓の深秋景色。「洛西・地蔵院」。
西本願寺の銀杏が見頃。
晩秋・雨の高桐院。
清水の舞台から広がる、晩秋景色。
祇王が見た秋景色。「嵯峨・祇王寺」。
吉野大夫が見た紅葉景色。「鷹峯・常照寺」。
鷹峯・しょうざんリゾートの夕景。
一年待ち続けた紅葉。真如堂
八瀬に広がる紅葉景色。
北嵯峨・直指庵にて・・・・
当尾の里・岩船寺にて・・・
朝の奥嵯峨から嵐山を歩く。
GOLDに輝く寺院。「金閣寺」。
錦秋の松花堂庭園。
当尾の里。浄瑠璃寺の紅葉。
色付いた紅葉が清流に映る、清滝の秋。
物語のあるショーウインドウ。「100人の小さなサンタの物語」。
屋根のお猿さん。赤山禅院。
紅葉万華鏡。嵯峨鳥居本。
鮮やかなドウダンツツ。毘沙門堂。
色付き始めた紅葉。洛北・圓光寺にて。
空海の言葉が心に響く「神護寺の紅葉」。
人気の洋食屋さん。
11月。京都の紅葉予想。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集