海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月 4日

ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色


ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色

12月も4日となり地元新聞の紅葉情報では、「落葉」や「落葉近し」の文字が
並んで来ました。
今年の紅葉も、いよいよ佳境と言う感じです。

IMG_6725.jpg

洛西の古刹「地蔵院」。
京都の紅葉では、かなり遅くまで紅葉が見られる所です。

IMG_6870.jpg


境内を包む様に竹林が広がり「竹の寺」と言われます。


見上げると、空を覆う様に伸びる竹林。
竹林の中、色とりどりの楓が映えています。

IMG_6894.jpg

地蔵院の始まりは、鎌倉時代。


IMG_6914.jpg


地蔵院は、一休さんが幼少の頃を過ごされた寺院。
一休禅師は、後小松天皇の皇子として応永元年(1394年)に地蔵院近くで生まれ、
幼少の頃を、この地で過ごされたそうです。

IMG_6758.jpg


地蔵院の辺りは、山が近くまで迫り
この時期は、午後四時を回ると夕暮れが訪れて来ます。
一休さんが過ごした約620年前は、
さぞかし静かな深秋の世界が広がっていたでしょうね。

京都の紅葉ラストを彩る地蔵院の深秋景色に、
ただただ,見入ってしまいました。


IMG_6903.jpg

《地蔵院》

◎  京都市西京区山田北ノ町23
◎  阪急電車 上桂下車 徒歩約15分   
京都バス 苔寺下車 徒歩約3分
市バス 苔寺口下車 徒歩約10分
◎  拝観時間 9:00~16:30  500円

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年12月 4日
« 前の記事「大きな絵馬は、来年の「戌」」へ
»次の記事「「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    photogenicな「嵯峨鳥居本の紅葉」
    可愛いお地蔵さまも「コケ寺リウム」も見れます。「圓光寺」
    色付き始めた紅葉「今熊野観音寺」
    緑の中、三重塔が美しい「岩船寺」
    紅葉始まる、当尾の里「浄瑠璃寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    今年もありがとうございました。
    冬の到来を教えてくれるユリカモメ。
    浜大津港に灯る、Xmas・イルミネーション。
    良い天気のXmasイブ。
    ロームのイルミネーション。
    初冬の広沢池。
    竹林の小径。「嵐山花灯路」。
    「嵐山花灯路」。光の回廊・嵐電嵐山駅。
    光に映える渡月橋。「嵐山花灯路」
    初冬のメタセコイア並木道。
    平安京を思う・・京都駅北口の羅城門。
    「もみじ参道」も見頃です。光明寺の紅葉。
    参道に広がる見事な紅葉。「鹿王院」
    今日から12月。松尾大社の絵馬。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集