海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「節分おばけ」。ハロウィンより古い祇園の仮装イベン...

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月 2日

「節分おばけ」。ハロウィンより古い祇園の仮装イベント


「節分おばけ」。ハロウィンより古い祇園の仮装イベント

いよいよ明日は節分ですね。
節分は、各季節の始まりの(立春 立夏 立秋 立冬)前日の日と言われています。
節分と言いますと、京都では夜の祇園町に「お化け」が出ます。
「お化け」とは、京都を中心に江戸時代から行われる節分の夜の行事で、
冬から春へと変わり目の厄払いの行事です。

IMG_7374.jpg

二日夜、祇園の「おか本」さんに「お化け」が来られました。
「お化け」を演ずるのは祇園町の芸舞妓さん。
日頃、艶やかな芸舞妓さん達が、普段の着物姿ではなく男装等の仮装姿で祇園町を回るのは、
鬼や禍をやり過ごすためと言われます。
特に京都では、祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町、上七軒など5つの花街で盛んに行われる
華やかで、楽しい早春の催し物として人気があります。

IMG_7358.jpg


節分の祇園町。
芸舞妓さん達の元気な姿が春を呼びます。

IMG_7350.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2018年2月 2日
« 前の記事「おおっ寒い!嵐山も雪化粧」へ
»次の記事「春よ来い。「八坂神社・節分祭」」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
境内は梅の良い香り。「北野天満宮」
150本の枝垂れ梅が見頃。「伏見・城南宮」。
もうすぐ梅が咲き始める勝竜寺城。
織田信長を思う安土城跡。
五個荘「商家に伝わるひな人形めぐり」。
青空と雪山と菜の花。
西陣の西陣織会館。
冬景色広がる、如月の真如堂。
うっすらと雪化粧の東寺。
梅が咲き始めた梅宮大社。
冬のメタセコイア並木道。
春を呼ぶ奉納舞踊。八坂神社。
祇園町は「お化け」で盛り上がっています。
426年の時を越えて残る遺構。「平野御土居」。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集