海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 知る人ぞ知る梅の名所「清凉寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 3日

知る人ぞ知る梅の名所「清凉寺」


知る人ぞ知る梅の名所「清凉寺」

P1510884.jpg

京都も、3月に入り日一日と春らしくなって来ました。
梅の花が見頃を迎えた右京区の清凉寺(せいりょうじ)に行きました。
清凉寺は、嵐山から真っ直ぐに進んだ所にある寺院。
建てられたのは寛和3年(987年)。

P1510921.jpg


ここは、知る人ぞ知る梅の名所。

P1510917.jpg

境内は、とても広くて多宝塔前や阿弥陀堂付近など
3ヶ所に梅の木があります。

P1510915.jpg

梅の花咲く多宝塔の裏には、源氏物語・光源氏のモデルとも言われる
源融(みなもとのとおる)の墓もあります。

IMG_2710.jpg

こちらは仁王門。
現在の仁王門は1776年(安永6年)の再建。
門の左右には仁王像(金剛力士像)が置かれています。

P1510905.jpg

梅が見頃を迎えた清凉寺。
もうすぐすると河津桜も咲いて来ます。

P1510894.jpg

≪清凉寺≫

〇所  京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町

〇   拝観時間 9:00-16:00
〇   拝観料・境内自由
    本堂の拝観料400円 釈迦如来立像の拝観料1000円。 霊宝館の入館料400円。
〇アクセス(電車) JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩15分。
          京福電鉄嵐山駅より15分。
     
     (徒歩) 渡月橋から徒歩15分位

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2018年3月 3日
« 前の記事「梅の良い香り「梅宮大社」」へ
»次の記事「「西国街道ひな人形めぐり2018」」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    精霊と夏を見送る「送り火」
    京の七夕・「北野天満宮会場」
    涼感いっぱい「嵐山・鵜飼」
    夏景色広がる「美山・茅葺の里」。
    「祇園祭・後祭」夕暮れの鉾町に祇園囃子が響きます
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都のど真ん中「六角堂」の桜。
    伝説の、「白玉椿」咲く平岡八幡宮。
    文豪が好んだ豆腐。「嵯峨豆腐 森嘉」。
    京都市内の早咲き桜は、ここ。
    この春の桜開花予報。
    約1,000本の梅林からは梅の良い香り。「寿長生の郷」。
    「初桜 折しも今日は よき日なり」東寺、春へのプロローグ。
    淀水路、遊歩道に咲く河津桜。
    吹く風は、まだ少し寒けれど春めきにけり・・・「東山花灯路2017」。
    三月初めの平岡八幡宮。
    紅白の梅が見頃。「興正寺」。
    今日は桃の節句。「4分の1スケールで見る源氏物語の世界」。
    素敵な音楽流れるライブハウス「木屋町モダンタイムス」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集