海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「長岡天満宮・八条ヶ池」キリシマツツジは満開

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月20日

「長岡天満宮・八条ヶ池」キリシマツツジは満開


「長岡天満宮・八条ヶ池」キリシマツツジは満開

IMG_8625.jpg

《八条ヶ池に広がる深紅の回廊》

今、長岡天満宮の八条ヶ池では、長岡京市が天然記念物に指定する
「キリシマツツジ」が見頃を迎えています。


IMG_8665.jpg

《中堤は参道》

八条ケ池は、 寛永15年(1638)に当時の領主・八条宮が造るように命じた、
灌漑用の池です。 外周は約1㎞。
池は中央に中堤が通り、左右に分かれています。

中堤は長岡天満宮への参道となっています。
参道は、満開を迎えたツツジの回廊が見事です。


IMG_8660.jpg


中堤の太鼓橋は、加賀・前田 候の寄進と伝わっています。

IMG_8639.jpg

《花言葉は「燃え上がる愛」》

今年のキリシマツツジの見頃は、例年に比べて10日ほど早いそうです。
長岡天満宮の「キリシマツツジ」は、樹高が約2.5㍍あり、樹齢は130年前後。
キリシマツツジは、九州の山ツツジとミヤマキリシマを
交配して生まれたツツジ。花言葉は「燃え上がる愛」。
青空の下、新緑の木々とキリシマツツジの赤色が映えています。

IMG_8614.jpg


池を少し歩いてみました。
中堤から天満宮に向かって右には、水上橋。

IMG_8648.jpg

そして六角舎があります。

IMG_8641.jpg

四月初めの、夜桜ライトアップでは、
六角舎の丸い窓から、幻想的な夜景風景が広がっていました。

IMG_8643.jpg

中央の中堤に戻ります。

IMG_8611.jpg

《青空と新緑の中の錦水亭》

中堤から参道向かって左側の池には、明治14年創業・筍料理の老舗の料亭。
「錦水亭」があります。

IMG_8626.jpg


風情ある「錦水亭」の建物を見ながらの散策もお勧めです。

IMG_8627.jpg


長岡天満宮・八条ヶ池のキリシマツツジ。
今、満開です。


IMG_8656.jpg


≪長岡天満宮≫
◎ 住所 京都府長岡京市天神2丁目15-13
◎ アクセス 阪急京都本線「長岡天神」駅下車徒歩約10分
◎ 散策自由。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年4月20日
« 前の記事「「比叡山ドライブウェイ」に見る関西ラストの桜風景」へ
»次の記事「SNSで人気の「#正寿院」へ行こう」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「嵯峨野」彼岸花と案山子さん
    秋の花「萩」が咲き始めた真如堂
    九月・長月「萩の花咲く常林寺」
    9月初めの「仁和寺」
    「龍安寺」睡蓮が見頃です
    「伊根湾」に打ち上がる約1200発の花火
    外国人観光客に5年連続一位の「伏見稲荷大社」
    ウサギ好きの方にお勧め「岡崎神社」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    キリシマツツジが見頃。「長岡天満宮」
    行く春を見届ける桜風景「比叡山ドライブウェイ」。
    青い湖に映える芝桜「大津なぎさ公園」。
    山吹の花咲く松尾大社。
    「古都」に咲く御室桜。
    ドキリとする桜景色。「大覚寺」。
    「祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき」
    春景色広がる「毘沙門堂の桜」。
    雨の日の桜と嵐山風景。
    龍馬を思う「伏見濠川の桜」。
    「さぁ、桜色のコンサートの開宴です。」平安神宮紅しだれコンサート。
    雨上がり・・桜景色の広沢の池。
    新選組を思う「壬生寺」の桜。
    「この桜の前で言葉はいらない」本満寺の一本桜。
    月浮かぶ大石神社。「大石桜」が満開。
    京都御苑に咲く「糸桜」。
    一重の枝垂れ桜「魁桜」咲く平野神社。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集