海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 明日15日は「葵祭り」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月14日

明日15日は「葵祭り」


明日15日は「葵祭り」

《いよいよ明日15日は葵祭》
葵祭は、京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路を、総勢500名・馬36頭・牛4頭・牛車2基・輿1台の
優雅な行列が歩きます。葵祭りは正式名を賀茂祭と言い、日本のお祭りの原点とも言われます。
葵祭は、祭りに参加する全ての人が葵桂(あおいかつら)の葉をつけます。
この葵桂(あおいかつら)ですが、葵と桂の葉を絡ませて作られています。

葵桂(あおいかづら)は、当日の内裏宸殿の御簾をはじめ、御所車、勅使、供奉者の衣冠、
そして牛馬にいたるまで、 すべてに飾られます。
一回の葵祭りで使う葵の葉は、なんと10,000枚にもなるそうです。

御所車には藤の花も飾られ、車が「ギシッ」と動くと藤の花も揺れます。

葵祭.jpg

《葵祭の順路と予定時間は・・・・・・・》

京都御所 出発(午前10時30分)堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通 →
下鴨神社到着(11:40)路頭の儀・出発(14:20)→下鴨本通 → 洛北高校前(14:40) → 北大路通 →
北大路橋(14:55) → 賀茂川堤 → 上賀茂神社到着(15:30)です。

◎雨天の場合は翌日。

今月のお題 《テーマ5 【5~6月の見どころ】》

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り
2018年5月14日
« 前の記事「平安京を思う「羅城門跡・西寺跡」」へ
»次の記事「新緑の中を進む「葵祭2018」」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
イノシシがいっぱい「禅居庵」
龍馬が眠る「京都霊山護国神社」
2019年「龍馬」の足跡を訪ねて・・・
白梅が咲いています「清凉寺」
冬の使者・鴨川の「ユリカモメ」
「謹賀新年」京都駅ビル大階段はお正月バージョン
ブログから見た2018年の「京都」
2019年の干支は「亥」・足腰の守護「護王神社」
1年前の同じ月に投稿された記事
車内で筋トレ 嵐電でGO!
平安の時代から咲くカキツバタ。
女優とバラと絵描きの物語。
「紅葉美しき所、青もみじ更に美しき」青もみじの真如堂。
スマホアプリ「AR西寺・羅城門」で想像する平安京。
五月の風の中、1.8kmキロ続く「竹林の径」。
新緑POWER全開!「メタセコイヤ並木道」。
これが飛雲閣。「西本願寺・花灯明」。
新緑の「嵯峨鳥居本」。
青もみじの「愛宕念仏寺」。
2000株の牡丹が見頃です。「乙訓寺」。
芥川の空には、1000匹のこいのぼり。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集