海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「夏も近づく八十八夜~~♪」今年の八十八夜は5月2...

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月 1日

「夏も近づく八十八夜~~♪」今年の八十八夜は5月2日


「夏も近づく八十八夜~~♪」今年の八十八夜は5月2日

《宇治茶の産地・和束町》

「夏も近づく八十八夜~野にも山にも若葉が茂る~~♪」
この歌の題名は何?と聞かれれて・・・・・暫く出てきませんでしたが・・・
出てきました。(^^)タイトルは「茶摘(ちゃつみ)」ですね。

IMG_8788.jpg

京都市内から車で一時間半、宇治の平等院から天瀬ダムを通り
山道を抜けると宇治茶の郷、和束(わづか)です。
和束はブランド茶「宇治茶」の生産地。
町の中に和束川が流れ、周りは山に囲まれています。

IMG_8785.jpg

《茶源郷》

美味しいお茶が育つ条件は、朝晩の気温差があり 空気と水が綺麗な事。
和束町は美しい日本の原風景として「茶源郷」と例えられています。
茶畑に見える、黒い網がありますが、これは、太陽の光を茶葉に当らないようにする事で
葉の緑色が濃くなるそうです。

IMG_8784.jpg


また、茶畑の風車は、茶葉に霜がつかないようにする「防霜ファン」。
風車は、地面に近い所の冷たい空気層と上の暖かい空気層を混ぜる為に設けられています。

IMG_8787.jpg

《今年の八十八夜は5月2日》

今年の八十八夜は5月2日になりますが、
実際には、新茶の茶摘みの時期は産地やその年の気候で異なるそうです。
茶葉は冬の間に養分を蓄え、春になると少しずつ芽を出します。
そして、早く芽吹いた茶葉を収穫して作ったお茶を「新茶・一番茶」といい、栄養価も高いといわれています。
宇治茶の郷、和束。
五月の光と風の中、すくすくとお茶の葉が育っています。

IMG_8790.jpg

《和束町へのアクセス》
〇 京都から電車 みやこ路快速→木津(乗り換え)→大和路快速→加茂
〇 京都から車 R24→山城→R163→加茂(約90分)
〇 大阪から 阪奈道→加茂(約80分)


IMG_8809.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2018年5月 1日
« 前の記事「「鳥羽の藤」を知っていますか?」へ
»次の記事「駅ビル大階段は「子供の日」バージョン」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「毘沙門堂」では「ドウダンツツジ」が色づき始めています
    鏡湖池に映るGOLDの寺院「金閣寺」
    塔とタワーのフォトジェニックな景色
    インスタ映え「くくり猿に願いをこめて」
    美味しい餃子のお店「ミスターギョーザ」
    青もみじ美しい「嵯峨・二尊院」
    柚子発祥の地「水尾」フジバカマとアサギマダラ
    萩を訪ねて迎称寺へ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    車内で筋トレ 嵐電でGO!
    平安の時代から咲くカキツバタ。
    女優とバラと絵描きの物語。
    「紅葉美しき所、青もみじ更に美しき」青もみじの真如堂。
    スマホアプリ「AR西寺・羅城門」で想像する平安京。
    五月の風の中、1.8kmキロ続く「竹林の径」。
    新緑POWER全開!「メタセコイヤ並木道」。
    これが飛雲閣。「西本願寺・花灯明」。
    新緑の「嵯峨鳥居本」。
    青もみじの「愛宕念仏寺」。
    2000株の牡丹が見頃です。「乙訓寺」。
    芥川の空には、1000匹のこいのぼり。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集