海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「青もみじ」美しい、嵯峨鳥居本

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月29日

「青もみじ」美しい、嵯峨鳥居本


「青もみじ」美しい、嵯峨鳥居本

IMG_9358.jpg

《青もみじ美しい嵯峨鳥居本》


奥嵯峨とも呼ばれる嵯峨鳥居元は、嵯峨野の西北、愛宕山のふもとに位置し
古い町並みと静かな景色が広がっています。
ここは、ゆっくりと歩きたい所。
見上げると、青もみじと鳥居の朱色が映えています。

IMG_9366.jpg

嵯峨鳥居本は嵐山・嵯峨野エリアの中でも、最も奥深い場所にあり
嵐山駅からの徒歩は、約30分程はかかります。


IMG_9369.jpg

《嵯峨鳥居本の歴史》

嵯峨鳥居本の歴史は古く、室町時代から、農業や林業や漁業を営みながら発展し、
江戸時代には愛宕神社の門前町として賑わって来ました。

また嵯峨鳥居本エリアは、京都市で4つある、国の重要伝統的建造物群保存地区の一つです。

ちなみに、4つの保存地区は・・・・

〇東山の、産寧坂伝統的建造物群保存地区。
〇祇園の、祇園新橋伝統的建造物群保存地区。
〇上賀茂神社近く、社家が集まる、上賀茂伝統的建造物群保存地区。

〇そして・・・ここ、嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区です。


IMG_9380.jpg

《愛宕街道》

もうすぐ梅雨の季節。
愛宕街道沿いでは、紫陽花が咲き始めていました。

IMG_9375.jpg


嵯峨鳥居本では、化野念仏寺に至るまでが下地区。
愛宕神社一之鳥居に至るまでが上地区と呼ばれています。

IMG_9372.jpg


下地区には町家風の民家が多く、上地区に入るにつれ、
町家風の民家から草葺き屋根の家が多くなります。

IMG_9367.jpg


嵯峨鳥居本に広がる青もみじの風景。
しっとりとした緑の中に見えるのは、「鮎のつたや」さん。

IMG_9383.jpg

そして、こちらは「鮎の平野屋」さん。


IMG_9396.jpg


《嵯峨鳥居本》

〇所         〒616-8439 京都市右京区嵯峨鳥居本
〇アクセス      JR嵯峨嵐山駅から2.2km徒歩約30分
           京福電鉄嵐山駅から2.2km徒歩約30分
           阪急嵐山駅から3.1km徒歩約40分
           京都駅から京都バス72番清滝行きバス乗車
           約60分鳥居本下車3分

〇鳥居本周辺の見所  愛宕念仏寺、化野念仏寺、一之鳥居、平野屋、つたや、
           四季の花々、青もみじ、古い町並み。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2018年5月29日
« 前の記事「「厳選」!青もみじBESTスポット・東福寺」へ
»次の記事「「愛宕念仏寺」目に優しい緑の世界」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    photogenicな「嵯峨鳥居本の紅葉」
    可愛いお地蔵さまも「コケ寺リウム」も見れます。「圓光寺」
    色付き始めた紅葉「今熊野観音寺」
    緑の中、三重塔が美しい「岩船寺」
    紅葉始まる、当尾の里「浄瑠璃寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    車内で筋トレ 嵐電でGO!
    平安の時代から咲くカキツバタ。
    女優とバラと絵描きの物語。
    「紅葉美しき所、青もみじ更に美しき」青もみじの真如堂。
    スマホアプリ「AR西寺・羅城門」で想像する平安京。
    五月の風の中、1.8kmキロ続く「竹林の径」。
    新緑POWER全開!「メタセコイヤ並木道」。
    これが飛雲閣。「西本願寺・花灯明」。
    新緑の「嵯峨鳥居本」。
    青もみじの「愛宕念仏寺」。
    2000株の牡丹が見頃です。「乙訓寺」。
    芥川の空には、1000匹のこいのぼり。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集