海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「御土居と青もみじ」初夏の北野天満宮

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月 4日

「御土居と青もみじ」初夏の北野天満宮


「御土居と青もみじ」初夏の北野天満宮

IMG_9592.jpg

北野天満宮は梅が有名ですが、もみじが素晴らしい所でもあります。
青もみじが美しい「もみじ苑」。

「もみじ苑」は、4月14日(土)~6月30日(土)まで公開されています。


IMG_9575.jpg


《もみじ苑と御土居》

「もみじ苑」へは、境内から入ります。
もみじ苑の一帯には、約250本、樹齢350年から400年にもなるもみじがあります。
また、ここには豊臣秀吉公が洛中洛外の境界として、また水防のため京都のまわりに築いた土塁であり、
国の史跡に指定されている「御土居」があります。

「もみじ苑」は、御土居と約250本の、もみじが織り成す瑞々しい風景を眺めながら散策して行きます。
歩いている所は、言わば御土居。

IMG_9569.jpg


《樹齢約600年の大ケヤキ》

「もみじ苑」に入って、最初に目にするのが、
樹齢約600年と言う大ケヤキ「東風」。


IMG_9560.jpg


現在から600年前といったら室町時代です。
この大ケヤキは、豊臣秀吉が御土居を築いた当時から存在していたケヤキです。
今も成長を続けています。

IMG_9559.jpg


《朱塗りの舞台》


朱塗りの舞台からは、初夏ならではの、青もみじの世界が
広がっています。


IMG_9565.jpg


舞台から紙屋川沿いの散策路へと下りて、新緑のアーチの中を
歩きます。

IMG_9585.jpg

緑の中に映える、鶯橋。

IMG_9602.jpg


《御土居とは、防塁と堤防》

そして、下から見上げる「御土居」。
とても大きいです。
「御土居」には外敵の来襲に備える防塁と鴨川の氾濫から街並みを守る堤防のふたつの役割があったといわれています。
「御土居」とは、大きな丘であり、壁でした。
「御土居」は台形の土塁と堀からなり、その総延長は22.5キロメートルにもおよびます。
 南北約8.5キロメートル、東西約3.5キロメートルにわたり、京都の街をぐるりと囲みます。
「御土居」には、いくつかの出入り口がありました。現在でもその名残として、
鞍馬口、丹波口、粟田口、荒神口などの地名が残っています。
御土居は、鷹峯や市内のいくつかの所にも残っていますが、
ここ北野天満宮に残る「御土居」は、作られた当時の原型に近い形で残っています。
真ん中の口の様な所は排水口。

IMG_9600.jpg


散策路から、坂道を上がります。


IMG_9606.jpg

坂を上がり少し進むと、ビューポイントがあります。
それは緑の中に、国宝・北野天満宮の本殿が見えます。

青もみじの世界が広がる、六月初めの北野天満宮でした。

IMG_9609.jpg

《史跡「御土居」青もみじ苑》

〇所      京都市上京区御前通今出川上がる馬喰町
〇期間     2018年4月14日(日)~6月30日(日)
〇拝観料    大人(中学生以上) 500円  小人(小学生以下) 250円  修学旅行生 250円
〇入苑時間   9時から16時
〇アクセス   ◇京都駅から京都市営バス50, 101号系統「北野天満宮前」下車
        ◇四条河原町から京都市営バス51号系統「北野天満宮前」下車
        ◇京阪三条から京都市営バス10号系統「北野天満宮前」下車
〇駐車場     無料 9:00~17:00(25日は縁日のため駐車できません。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2018年6月 4日
« 前の記事「「紫陽花」咲く御池通り」へ
»次の記事「紫陽花が咲き始めた6月初めの「真如堂」」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「嵯峨野」彼岸花と案山子さん
    秋の花「萩」が咲き始めた真如堂
    九月・長月「萩の花咲く常林寺」
    9月初めの「仁和寺」
    「龍安寺」睡蓮が見頃です
    「伊根湾」に打ち上がる約1200発の花火
    外国人観光客に5年連続一位の「伏見稲荷大社」
    ウサギ好きの方にお勧め「岡崎神社」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    六月末・・雨の嵐山。
    岡崎神社の「茅の輪くぐり」。
    「天授庵」に広がる水彩画の世界。
    「○△□」模様と水路閣。
    「あじさい廊下」に広がる紫陽花景色。楊谷寺
    祇園白川に咲く紫陽花。
    花菖蒲と紫陽花が見頃。「初夏の梅宮大社神苑」。
    龍馬を思う濠川の紫陽花。
    「紅葉美しきところ 緑の季節 さらに美しき」浄瑠璃寺。
    京都に五重塔は、いくつあるでしょうか。
    当尾の里の紫陽花寺「岩船寺」。
    「さくらであい館」地上約25mから見たパノラマビューの世界。
    暑くなってくると食べたくなる、宇治みぞれ。「虎屋菓寮」。
    京都の本を探すなら、ペッパー君がお迎えする岡崎「蔦屋書店」へ。
    6月初めの神泉苑。
    カレンダーは六月。紫陽花咲く御池通り。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集