海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と...

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月18日

「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾


「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾

17日の京都市内では気温38度の猛暑の中、前祭りの山鉾巡行が行われました。
ニュースは、連日の猛暑で祇園祭の見物客が伸び悩む異例の事態と伝えています。
京都では記録的な猛暑が続いていて、警察によりますと、16日の宵山は約8万人少なく、
山鉾巡行の人出は、5万7000人と去年より2万5000人少なくなっているとの事です。


IMG_0367.jpg

≪祇園祭の歴史≫

長い歴史の祇園祭。祭りの始まりは、平安時代の前期・869年。
各地で疫病が流行していた時、神に疫病を鎮めてもらう
願いを込めて始まったと伝わっています。

IMG_0383.jpg

≪鉾に立つ槍・山に立つ松≫

山鉾の屋根の上に建つ「鉾に立つ槍」「山に立つ松」には、
疫病神が吸い込まれると言われています。
祇園祭は、七月の水害や災害・・そして疫病が発生した、この時期に合わせて行われています。
途中、応仁の乱や本能寺の変では順延。
そして第二次大戦などで中断もありましたが、
その度に町衆の力で復興し、現在まで千年以上続くお祭りとなっています。

IMG_0382.jpg

河原町三条では舞妓さんも巡行の応援です。

IMG_0408.jpg

コンコンチキチン コンチキチン。御池通りを進む長刀鉾。
祇園囃子がビルの街に響きます。
17日の前祭り山鉾巡行でした。

IMG_0423.jpg


≪前祭りから後祭へ≫

祇園祭は一か月に及ぶ長いお祭りです。
この後18日からは、後祭りの山鉾建てが始まります。
山鉾曳き初めは20日から21日。後祭り宵山は23日。
24日は、後祭り山鉾巡行と花傘巡行と還幸祭です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年7月18日
« 前の記事「「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法」へ
»次の記事「京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
願い事は「らくがき寺」へ。
「祇園祭」後祭の山鉾巡行。
コンコンチキチン コンチキチン。 祇園祭・後祭りの夜。
2017夏・都大路を行く山鉾巡行。
「祇園祭」・前祭り宵山。
コンチキチン。山鉾の試し曳き。
祇園祭・「菊水鉾とお茶席」。
コンコンチキチン。ショーウィンドゥーに見る「祇園祭」。
上桂、人気のとんかつ屋「三平」さん。
これが、嵐電嵐山駅限定!日本酒とビール。
生力の生ずるspiritual places「貴船」。
7月7日は七夕「貴船神社の七夕飾り」。
カレンダーは今日から7月。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集