海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 涼感いっぱい「嵐山・鵜飼」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月 2日

涼感いっぱい「嵐山・鵜飼」


涼感いっぱい「嵐山・鵜飼」

≪水面に映る、かがり火≫

暑い日が続いている京都ですが、夕暮れの嵐山では毎年7月から9月下旬まで鵜飼が行われています。
嵐山の鵜飼は千年以上前の平安時代には既に行われていたと言われています。
平安時代の貴族、在原業平は「大堰川 うかべる舟の かがり火に をぐらの山も 名のみなりけり」と詠んでいます。

IMG_0512.jpg

鵜飼に使われる鵜は鵜匠(うしょう)が訓練したもので、鵜匠は綱を巧みに操り、鮎などの魚を獲ります。
嵐山に流れる大堰川は渡月橋から上流を大堰川と言い、
渡月橋から下流は桂川となります。
日中は暑い京都市内ですが、夕暮れからの嵐山には、かがり火揺れる
涼しい風景が広がっています。

IMG_0525.jpg

≪嵐山・鵜飼≫
7月1日(日曜日)~9月23日(日曜日)まで。※8月16日(木曜日)は運休です。
乗合船は19:00・20:00(9月は18:30・19:30)
宮廷鵜飼は20:00(9月は19:30)に出船。
〇貸切船・・・10人乗り40,000円、16人乗り52,000円、20人乗り70,000円
〇乗合船・・・大人1,800円、子供900円
〇宮廷鵜飼・・・大人2,100円、子供1,050円
〇食事付き鵜飼見物船(貸切)・・・一人7,000円(10名以上)
◎嵐山通船・電話番号・・・075-861-0302

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年8月 2日
« 前の記事「夏景色広がる「美山・茅葺の里」。」へ
»次の記事「京の七夕・「北野天満宮会場」」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬の京都を彩る「嵐山花灯路2018」
    竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉
    燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」
    インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」
    ジオラマで見る「嵯峨鳥居本」昭和初期風景
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏の終わりの「伊根の花火大会」。
    8月末の「伊根の舟屋」。
    夏を見送る「愛宕古道街道灯し」。
    残暑お見舞い申し上げます。
    川風ひんやり、目に涼感「嵐山の鵜飼」。
    「五山の送り火」、如意ヶ嶽・右大文字。
    夏の清滝・・・昭和を思う「渡猿橋」。
    京から宇宙を想う「京都大学花山天文台」。
    夏・深緑の「祇王寺」。
    ああっ美味しい!中村軒「桂うりの氷」。
    「京の七夕」が始まりました。
    「夏の日の八坂の塔」。
    男山ケ―ブルで「石清水八幡宮へ」。
    七夕飾りの北野天満宮。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集