海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 精霊と夏を見送る「送り火」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月17日

精霊と夏を見送る「送り火」


精霊と夏を見送る「送り火」

≪嵐山万灯流し≫

十六日の京都は、「五山の送り火」でした。 
この夜の京都は、いろんな所で送り火の行事が行われています。
この夜、嵐山から嵯峨野・広沢の池、そして五山の送り火の鳥居形へと
自転車で向かいました。
まずは、嵐山で行われている、「嵐山万灯流し」。

IMG_0595.jpg


「嵐山万灯流し」は昭和22年から 戦没者の霊を慰める為に始まり、今に至っています。
流れる万灯の灯りは、一本の光の川の様です。

送り火 (2).jpg


≪広沢池灯籠流し≫

続いて嵐山から嵯峨野・広沢の池へと向かいました。
ここでは、「広沢池灯籠流し」が行われています。


IMG_0616.jpg


広沢池灯籠流しでは、児神社(ちごじんじゃ)で塔婆施餓鬼供養・御詠歌奉納を行い、
その後、仏様の5つの智恵を表すと言われている5色の灯籠が広沢池に浮かびます。
緩やかな風で灯篭は東に流れていました。


IMG_0627.jpg

≪五山の送り火・鳥居形≫

時計を見ると、八時。五山の送り火の時間です。
五山の送り火は、約三十分の 炎の行事です。
八時には「右大文字」が点火され、八時十分に「妙」。八時十分に「法」。   
八時十五分に「船形」。八時十五分に「左大文字」。八時二十分に、嵯峨野・曼荼羅山。
八時二十分。鳥居形が燃え上がりました。

6hlv@ 2.jpg


五山の送り火の炎は、五ヶ所の炎を全てを見るのは 飛行機やヘリコプターなら可能ですが、
地上からは建物もあり難しいです。特に清滝道は、市内でも奥まった所にあり「鳥居形」は目の前に見られますが
他の左右の大文字や妙や法や船形の炎は見えません。曼荼羅山に燃え上がる「鳥居形」。
縦76m 横72mの大きな鳥居です。
8月16日。お盆に戻ってこられた精霊と、行く夏を見送った夜でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2018年8月17日
« 前の記事「京の七夕・「北野天満宮会場」」へ
»次の記事「8月の東本願寺」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
遊郭建築と下町レトロを思う「旧・五条楽園」を歩く
10月なかば「御室・仁和寺」
見頃を迎えた彼岸花「ひがんばなの里」
暑さ寒さも彼岸まで「嵯峨野に咲く彼岸花」
観光特急「京とれいん 雅洛 」で京都へ
京都NO1! 金運アップの強力パワースポット「御金神社 」
勝海舟ゆかりの「常林寺」では、秋の特別参拝が行われています
京都・映画誕生の碑「真如堂」
1年前の同じ月に投稿された記事
夏の終わりの「伊根の花火大会」。
8月末の「伊根の舟屋」。
夏を見送る「愛宕古道街道灯し」。
残暑お見舞い申し上げます。
川風ひんやり、目に涼感「嵐山の鵜飼」。
「五山の送り火」、如意ヶ嶽・右大文字。
夏の清滝・・・昭和を思う「渡猿橋」。
京から宇宙を想う「京都大学花山天文台」。
夏・深緑の「祇王寺」。
ああっ美味しい!中村軒「桂うりの氷」。
「京の七夕」が始まりました。
「夏の日の八坂の塔」。
男山ケ―ブルで「石清水八幡宮へ」。
七夕飾りの北野天満宮。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集