海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 8月の東本願寺

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月19日

8月の東本願寺


8月の東本願寺

≪大きな蓮華の噴水≫

京都駅からすぐ近くにある、東本願寺。
御影堂門が見える、烏丸通りには大きな蓮の噴水があります。
噴水は、大正初めに疏水から本願寺水道が引かれた時に造られたのですが、第2次大戦で損壊したため、戦後に復元されています。
設計は武田五一、蓮華のデザインは、明治から昭和期の日本画家・竹内栖鳳。

IMG_0659.jpg


塀沿いには、ありがたい言葉があります。

IMG_0663.jpg

ここにも・・・

IMG_0661.jpg


大きな御影堂門の高さは約28m。
門を入って境内を進みます。

IMG_0657.jpg

≪木造建築物では世界最大級≫

東本願寺は、真宗大谷派の本山で、本尊は阿弥陀如来。
慶長7年(1602)に本願寺の12代、教如上人が、徳川家康から寺地の寄進を受け創建したのが始まりです。
焼失と再建を繰り返し、現在の建物は明治28年に再建されたもの。親鸞聖人の御真影を安置する御影堂は、間口76m・奥行き58m。
御影堂は、外観が二重屋根であるため二層建築に見えますが、下部は裳階であり単層建築です。
木造建築物では世界最大級の大きさです。

IMG_0652.jpg

東本願寺は大きな建物が幾つもあります。
視聴覚ホールの地下2階には御影堂・内陣のミニチュア構造模型が展示されています。

IMG_0564.jpg


御影堂・内陣のミニチュア模型の隣には、火焔太鼓も設置されています。
東本願寺では、これまで御遠忌や大きな法要に際し、その荘厳舞楽台において舞楽が行われてきました。
その舞楽台の左右に舞楽施設として設置されていたのが鼉太鼓です。
この太鼓は、1895年(明治28年)「両堂竣工法要」のとき製作されたもので、
親鸞聖人七百回御遠忌法要や親鸞聖人御誕生八百年・立教開宗七百五十年慶讃法要の際にも使用されています。

IMG_0563.jpg


≪東本願寺≫
〇京都市下京区烏丸通七条上ル
〇拝観時間 5:50~17:30(11~2月は6:20~16:30)
〇境内無料
〇アクセス JR「京都駅」下車徒歩約5分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年8月19日
« 前の記事「精霊と夏を見送る「送り火」」へ
»次の記事「ウサギ好きの方にお勧め「岡崎神社」」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
遊郭建築と下町レトロを思う「旧・五条楽園」を歩く
10月なかば「御室・仁和寺」
見頃を迎えた彼岸花「ひがんばなの里」
暑さ寒さも彼岸まで「嵯峨野に咲く彼岸花」
観光特急「京とれいん 雅洛 」で京都へ
京都NO1! 金運アップの強力パワースポット「御金神社 」
勝海舟ゆかりの「常林寺」では、秋の特別参拝が行われています
京都・映画誕生の碑「真如堂」
1年前の同じ月に投稿された記事
夏の終わりの「伊根の花火大会」。
8月末の「伊根の舟屋」。
夏を見送る「愛宕古道街道灯し」。
残暑お見舞い申し上げます。
川風ひんやり、目に涼感「嵐山の鵜飼」。
「五山の送り火」、如意ヶ嶽・右大文字。
夏の清滝・・・昭和を思う「渡猿橋」。
京から宇宙を想う「京都大学花山天文台」。
夏・深緑の「祇王寺」。
ああっ美味しい!中村軒「桂うりの氷」。
「京の七夕」が始まりました。
「夏の日の八坂の塔」。
男山ケ―ブルで「石清水八幡宮へ」。
七夕飾りの北野天満宮。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集