海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > ウサギ好きの方にお勧め「岡崎神社」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月20日

ウサギ好きの方にお勧め「岡崎神社」


ウサギ好きの方にお勧め「岡崎神社」

IMG_0695.jpg

≪岡崎神社の歴史≫

左京区の岡崎神社。岡崎神社は、良縁&縁結び、厄除け、子授け、安産祈願の神社として人気があります。
岡﨑神社は、794年の平安遷都の時に、王城鎮護のため、平安京の四方に建てられた神社の一つです。
都の東に位置するため、「東天王」と呼ばれ、古くから厄除け・方除けのパワースポットとされています。


IMG_0676.jpg

祭神は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)、櫛稲田媛命(くしなだひめのみこと)。
さらに二神から生まれた(三女五男八柱神)をお祀りしています。
子宝に恵まれ、子授け安産の神さまを祀っていることから、「子授け・安産(子宝)」にご利益がある神社として知られています。


IMG_0688.jpg

境内では、「狛うさぎ」を始めとして沢山のウサギさんに出会えます。
ウサギ好きの方にお勧めのパワースポットです。

IMG_0678.jpg

≪岡崎神社への交通アクセス≫

市バスでは(32番、93番、203番、204番系統)に乗り、バス停「岡崎神社前」で降りると、
岡崎神社の鳥居が見えます。
電車でのアクセスは、京阪「神宮丸太町駅」と、地下鉄「蹴上駅」が最寄り駅となります。

IMG_0689.jpg

≪狛うさぎ≫

本殿前の狛うさぎ。
右には、「阿形(あぎょう)」口を開いた狛兎。

IMG_0694.jpg

左には「吽形(うんぎょう)」口を閉じた狛兎。

IMG_0692.jpg


かつて、岡崎神社のこの辺りは、野うさぎが多く、
多産なうさぎは神さまの使いとして、可愛がられて来ました。

本殿の隣にある手水舎には、「子授けうさぎ」像があります。

IMG_0702.jpg

黒御影石の像に水をかけ、お腹をさすりながら祈願すると、
子宝に恵まれ、安産になると信仰されています。


IMG_0700.jpg

本殿前には、沢山の「うさぎみくじ」が奉納され、
参拝された方の幸せを見守ってくれています。

IMG_0681.jpg


≪岡﨑神社≫
〇所  京都市左京区岡崎東天王町51番地
〇アクセス  市バス「岡崎神社前」(32番、93番、203番、204番)
〇電車でのアクセス 京阪「神宮丸太町駅」と、地下鉄「蹴上駅」が最寄り駅
〇拝観時間  9時~17時
〇境内無料

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年8月20日
« 前の記事「8月の東本願寺」へ
»次の記事「外国人観光客に5年連続一位の「伏見稲荷大社」」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    photogenicな「嵯峨鳥居本の紅葉」
    可愛いお地蔵さまも「コケ寺リウム」も見れます。「圓光寺」
    色付き始めた紅葉「今熊野観音寺」
    緑の中、三重塔が美しい「岩船寺」
    紅葉始まる、当尾の里「浄瑠璃寺」
    FM79.7からラジオの時間
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏の終わりの「伊根の花火大会」。
    8月末の「伊根の舟屋」。
    夏を見送る「愛宕古道街道灯し」。
    残暑お見舞い申し上げます。
    川風ひんやり、目に涼感「嵐山の鵜飼」。
    「五山の送り火」、如意ヶ嶽・右大文字。
    夏の清滝・・・昭和を思う「渡猿橋」。
    京から宇宙を想う「京都大学花山天文台」。
    夏・深緑の「祇王寺」。
    ああっ美味しい!中村軒「桂うりの氷」。
    「京の七夕」が始まりました。
    「夏の日の八坂の塔」。
    男山ケ―ブルで「石清水八幡宮へ」。
    七夕飾りの北野天満宮。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集