海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 9月初めの「仁和寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月 7日

9月初めの「仁和寺」


9月初めの「仁和寺」

≪仁和寺の歴史≫

真言宗御室派総本山、仁和寺です。
仁和寺は世界遺産のお寺として知られ、平安時代に光孝天皇によって建て始められました。
しかし天皇は完成を見ることなく亡くなり、その子の宇多法皇によって仁和4(888)年に完成しています。
仁和寺は京都でも数少ない元号を冠するお寺で、境内では京都三大門にも数えられる立派な二王門や、
凛とそびえる五重塔、御所の紫宸殿を移した国宝の金堂など見所に溢れています。

IMG_0948.jpg


まずは、仁和寺の玄関、正門にあたるのが「二王門」です。
門の左右に金剛力士像を安置していることからこの名があり、寛永~正保年間に建造されています。
とても重厚な造りで、南禅寺三門、知恩院三門とともに京都三大門のひとつに数えられ、重要文化財にも指定されています。

仁和寺.jpg

二王門をくぐると、奥へと続く広い参道です。

IMG_0909.jpg

≪見所いっぱいの仁和寺≫

参道の途中の西側には「勅使門」があります。
両脇に築地(ついじ)を設けた造りで、鳳凰や牡丹唐草などの細かな彫刻が見事に施されています。

IMG_0911.jpg

中門をくぐり、参道を北側へと進むと、東側に重要文化財の「五重塔」があります。
高さ36m。寛永年間当時の建築技術を集めて造られとされるこの塔は、
各層の屋根の大きさがほぼ同じという江戸時代の建築らしい特徴を示していて、
江戸時代に建てられた五重塔の代表作といわれています。


IMG_0944.jpg

五重塔から、さらに参道を進むと、国宝の「金堂」が見えてきます。
本尊の阿弥陀三尊像が祀られていた事から、一般的な寺院では本堂にあたりますが
仁和寺では金堂と呼ばれています。

IMG_0927.jpg


金堂は、慶長18年(1613年)に建てられた京都御所の紫宸殿を移築したもので、
現存する紫宸殿の最古の遺構は、桃山時代の宮廷建築を今に残す貴重な建物です。

IMG_0931.jpg


九月の仁和寺は、観光の人もそれ程多くなく
ゆっくりとお参り出来ます。

≪仁和寺≫
〇所 京都市右京区御室大内33
〇 拝観時間
  3~11月9:00~17:00(受付終了16:30)
  12~2月9:00 ~16:30(受付終了16:00)

〇拝観料 境内無料  御殿500円、霊宝館500円
〇アクセス 市バス「御室仁和寺」下車すぐ
〇アクセス 嵐電北野線 御室仁和寺下車 徒歩5分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年9月 7日
« 前の記事「「龍安寺」睡蓮が見頃です」へ
»次の記事「九月・長月「萩の花咲く常林寺」」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
2月なかばの「京都府立植物園」
嵐山で梅を見るなら「清凉寺」
東風吹かば匂いおこせよ梅の花「北野天満宮・節分祭」
雪化粧した「清水寺」
フォトジェニックな「雪の東山」
茅葺の里では1月26日から「雪灯廊」です
イノシシがいっぱい「禅居庵」
龍馬が眠る「京都霊山護国神社」
1年前の同じ月に投稿された記事
京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
源氏物語を思う宇治の橋巡り。
秋を迎えた世界遺産「平等院鳳凰堂」。
白や紫の、萩の花咲く「常林寺」。
9月末まで公開中。第42回 京の夏の旅「渉成園・蘆菴」。
秋の初めの「美山・茅葺の里」。
明日を見つめる子供たちの瞳「人形作家・森 小夜子さんの世界」。
九月初めの嵯峨・二尊院。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集