海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 「龍安寺」睡蓮が見頃です

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月 2日

「龍安寺」睡蓮が見頃です


「龍安寺」睡蓮が見頃です

九月初めの龍安寺(りょうあんじ)。
漢字では、竜安寺とも書きますが、龍安寺が正式名称です。

IMG_0859.jpg

≪龍安寺の歴史≫

龍安寺は、臨済宗妙心寺派の禅寺です。
歴史は、宝徳2年(1450年)に 禅寺として始まりました。
龍安寺の敷地面積は広くて、総面積は約50万平方メートル(15万坪)。
東京ドームの10.7個分です。
案内板の中央上部に有名な石庭があり、下部には鏡容池(きょうようち)があります。

IMG_0860.jpg

広大な回遊式庭園では、春は桜。秋は紅葉。
この時期の鏡容池では睡蓮が見頃を迎えています。

IMG_0865.jpg

緑美しい参道を方丈(本堂)へと向かいます。

IMG_0867.jpg

≪禅の世界広がるロックガーデン≫

方丈(本堂)に入りました。
龍安寺は、1975年に英国のエリザベス女王が訪問された時、石庭を絶賛された事から
日本国内にとどまらず、世界的にも「ロックガーデン」として一躍有名になりました。

以来、「龍安寺といえば石庭」と言われますが
元々は、石庭よりも庭園の方が有名だったそうです。


IMG_0890.jpg

龍安寺の石庭の歴史は、応仁の乱でお寺が焼失した後、
1499年に方丈を再建した際に石庭も築造されたと言われています。
しかし、その作られた理由や作庭者もわかっていないことから、さまざまな謎や憶測が生まれ、
それが今でも多くの人を魅了する要素の一つになっています。
龍安寺の石庭のスタイルは、水を使わず山や川を表現する「枯山水」(かれさんすい)。
約75坪の長方形の枯山水庭園を前に、心を静め自然や世界や宇宙を想像する
イマジネーションの世界は、禅の美徳ともされています。

IMG_0888.jpg

広大な回遊式庭園を巡り、再び鏡容池(きょうようち)です。
鏡容池は京都屈指の睡蓮の名所です。

IMG_0902.jpg

≪龍安寺≫

〇所 京都市右京区龍安寺御陵下町13
〇拝観時間 8:00- 17:00
〇拝観料 大人・高校生 500円  小・中学生 300円
〇アクセス
 京福電車 竜安寺下車 徒歩約7分/市バス・JRバス 竜安寺下車 徒歩約1分
〇駐車場 石庭拝観者に限り1時間無料

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年9月 2日
« 前の記事「「伊根湾」に打ち上がる約1200発の花火」へ
»次の記事「9月初めの「仁和寺」」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
源氏物語を思う宇治の橋巡り。
秋を迎えた世界遺産「平等院鳳凰堂」。
白や紫の、萩の花咲く「常林寺」。
9月末まで公開中。第42回 京の夏の旅「渉成園・蘆菴」。
秋の初めの「美山・茅葺の里」。
明日を見つめる子供たちの瞳「人形作家・森 小夜子さんの世界」。
九月初めの嵯峨・二尊院。

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集