海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 柚子発祥の地「水尾」フジバカマとアサギマダラ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月 2日

柚子発祥の地「水尾」フジバカマとアサギマダラ


柚子発祥の地「水尾」フジバカマとアサギマダラ

日本の柚子発祥の地「水尾」では、10月7日まで、
(9:30〜14:00入園:無料)花いっぱいのフジバカマ鑑賞会が行われています。

IMG_1152 (2).jpg

柚子の里「水尾」へは、JR保津峡駅から自治会バス(有料)で約15分で着きます。


IMG_1184.jpg

水尾は柚子の産地として有名で、12月頃には沢山の柚子が収穫されます。


IMG_1173.jpg


見頃を迎えたフジバカマ。
フジバカマはキク科の多年草で秋の七草の一つ。


IMG_1163.jpg

≪フジバカマと旅する蝶・アサギマダラ≫

フジバカマと言いますと、フジバカマの蜜を求めて飛来する美しい蝶のアサギマダラですね。
この蝶々は、夏は東北地方や中部の涼しい高原で過ごし、
夏から秋へ季節が進むと共に、フジバカマなどの開花時期に合わせながら南下して行きます。
遠くは沖縄や台湾まで海を渡って行くそうですから驚きの移動距離です。
陽射しの中、美しい模様が映えています。

IMG_1140.jpg


フジバカマ畑に飛来しているアサギマダラの、9割はオスとの事。
アサギマダラは、日本の国蝶としても候補に上がった程、人気のある蝶だそうです。
アサギマダラは、物おじしない蝶でかなり近くで撮っても大丈夫でした。
IMG_1136.jpg


花いっぱいのフジバカマ鑑賞会は、10月7日まで行われています。

IMG_1143.jpg


≪日本の柚子発祥の地 花いっぱいのフジバカマ鑑賞会≫

【日時】2018年9月29日(土)〜10月7日(日)
    9:30〜14:00  入園:無料
【場所】右京区嵯峨水尾地区内 フジバカマ畑
【主催】水尾自治連合会
【交通】JR保津峡駅から自治会バス(有料)で15分
【問合せ】右京区役所地域力推進室 (075)861-1264

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2018年10月 2日
« 前の記事「萩を訪ねて迎称寺へ」へ
»次の記事「青もみじ美しい「嵯峨・二尊院」」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    86万球が輝く「ロームのイルミネーション」
    初冬の京都を彩る「嵐山花灯路2018」
    竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉
    燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」
    インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」
    ジオラマで見る「嵯峨鳥居本」昭和初期風景
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    10月末の「トロッコ嵐山駅から竹林の小径」。
    これは便利!歩くまち京都アプリ「バス・鉄道の達人」。
    遠くて近い歴史に触れる所「舞鶴引揚記念館」。
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集