海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > インスタ映え「くくり猿に願いをこめて」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月 8日

インスタ映え「くくり猿に願いをこめて」


インスタ映え「くくり猿に願いをこめて」

IMG_1215.jpg

10月7日の京都は、少し汗ばむ夏日の気温でした。
でも鴨川に広がる空からは、秋を感じました。

IMG_1191.jpg

《日本最初の五重塔・八坂の塔》

四条大橋を渡り、祇園街を抜けて、東山通りから細い通りの八坂通りに入りました。
八坂通りの奥に、八坂の塔が見えます。
八坂の塔(法観寺)は飛鳥時代に聖徳太子が建てた、日本最初の五重塔と言われています。
その後、戦いや落雷で三度焼失。
現在の塔は、室町将軍の足利義教によって1440年に再建され今日に至っています。(高さは、46m)。

IMG_1207.jpg

八坂通りを進んでいくと、八坂の塔のすぐ手前に、カラフルな形のお守りが、
沢山奉納されているお寺があります。
八坂庚申堂(正式名称「大黒山延命院金剛寺」)です。
地元の方からは「八坂の庚申さん」の愛称で親しまれています。
八坂庚申堂は、インスタ映えする寺院としても、とても人気のあるお寺です。
八坂庚申堂へのアクセスは、市バスの「東山安井」下車して八坂通の緩やかな坂道を5分ほど歩くと
八坂庚申堂の山門の前に到着します。
電車での最寄り駅は、京阪電車の祇園四条駅です。駅からは南東に徒歩約15分位です。

IMG_1221.jpg


境内には沢山の「くくり猿」。
遠くから見ると、お手玉が吊るされているように見えますが、このお手玉のようなものが、「くくり猿」なのです。


IMG_1214.jpg

≪くくり猿とは≫
サルは、欲のままに自由に走り回ります。
そして、人間の心の中にも欲望があります。
お手玉のように見える「くくり猿」は、手足を縛られた形をしています。
これは、欲をひとつ我慢すると願いが叶うということを表しています。
くくり猿の初穂料は500円です。
八坂庚申堂は、Instagramでも大人気の所として、連日沢山の人がお参りされています。


IMG_1218.jpg

≪八坂庚申堂≫
〇拝観時間:9:00~17:00
〇所 〒605-0828  京都市東山区金園町390-1 MAP
〇アクセス JR「京都駅」から 市バス「東山通北大路バスターミナル行き」15分 「東山安井」下車 徒歩6分
〇周辺のおすすめ観光スポット
 八坂の塔・二年坂・三年坂・高台寺・円山公園・
 知恩院・清水寺・八坂神社・祇園街

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2018年10月 8日
« 前の記事「美味しい餃子のお店「ミスターギョーザ」」へ
»次の記事「塔とタワーのフォトジェニックな景色」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    これぞ!フォトジェニック「嵐山花灯路・光に浮かぶ法輪寺」
    86万球が輝く「ロームのイルミネーション」
    初冬の京都を彩る「嵐山花灯路2018」
    竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉
    燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」
    インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」
    ジオラマで見る「嵯峨鳥居本」昭和初期風景
    竹林と紅葉「直指庵」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    10月末の「トロッコ嵐山駅から竹林の小径」。
    これは便利!歩くまち京都アプリ「バス・鉄道の達人」。
    遠くて近い歴史に触れる所「舞鶴引揚記念館」。
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集