海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 鏡湖池に映るGOLDの寺院「金閣寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月15日

鏡湖池に映るGOLDの寺院「金閣寺」


鏡湖池に映るGOLDの寺院「金閣寺」

IMG_1309.jpg

《京都の紅葉予想》

10月半ばの金閣寺。境内のもみじは少しずつ色づいて来ています。
ウェザーニューズから、京都の紅葉予想は、
『10月中旬に入り、平年並の気温となり好天の日が続いています。
11月半ばまでの気温は、ほぼ平年並の見込みです。
紅葉見頃時期は、ほぼ平年並で、色づき具合も並となる予想です。
ちなみに延暦寺・神護寺は11月初旬。嵐山、東山は11月20日前後に見頃予定。
ただその時の気候や地理的条件で多少前後する事もあります。』
        
IMG_1331.jpg

10月14日の金閣寺。この日も沢山の人で賑わっていました。
金閣寺には一年間を通して沢山の方が参拝されています。
その参拝者数は年間約500万人と言いますから連日一万人以上の方が、お参りされている事になります。
この日も八割近くは、外国からの観光客の感じでした。

IMG_1321.jpg

《GOLDに輝く寺院》

金閣寺の正式名称は、鹿苑寺(ろくおんじ)。
衣笠山と左大文字山を背景とする金閣寺が建つ、この辺りは、
かつて平安貴族が別荘地として好んだ所でした。

金閣寺は、室町幕府三代将軍義満が、権力と財力を尽くして建てた寺院で
建物の第一層は、藤原時代の寝殿造り、第二層は鎌倉時代の書院造り、
第三層は、禅宗仏殿造りと独特の建築様式です。

IMG_1324.jpg


水面に、金閣寺が映る池の名前は、鏡湖池(きょうこち)。
池の石は、足利義満の求めに応じて
全国の守護大名が献じたものと言われています。


IMG_1320.jpg

金閣寺の公式サイトでは、毎日午前5時00分から午後8時00分まで
3分ごとに境内の金閣(舎利殿)と鏡湖池(きょうこち)周辺の様子を映した
ライブカメラが配信されていますから参考にして下さいね。
http://www.shokoku-ji.jp/k_live.html
10月半ばの金閣寺でした。

IMG_1337.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2018年10月15日
« 前の記事「塔とタワーのフォトジェニックな景色」へ
»次の記事「「毘沙門堂」では「ドウダンツツジ」が色づき始めています」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    photogenicな「嵯峨鳥居本の紅葉」
    可愛いお地蔵さまも「コケ寺リウム」も見れます。「圓光寺」
    色付き始めた紅葉「今熊野観音寺」
    緑の中、三重塔が美しい「岩船寺」
    紅葉始まる、当尾の里「浄瑠璃寺」
    FM79.7からラジオの時間
    1年前の同じ月に投稿された記事
    10月末の「トロッコ嵐山駅から竹林の小径」。
    これは便利!歩くまち京都アプリ「バス・鉄道の達人」。
    遠くて近い歴史に触れる所「舞鶴引揚記念館」。
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集