海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > この門を入れば錦秋景色「南禅寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月16日

この門を入れば錦秋景色「南禅寺」


この門を入れば錦秋景色「南禅寺」

京都の紅葉は多くの所に見頃となり連日沢山の人出で賑わっています。
紅葉IMG_1966.jpg 見頃の南禅寺に入りました。

参道左手の句碑。

「この門を 入れば涼風 おのづから」

今は、「この門を 入れば錦秋景色」です。

南禅寺%20014.jpg


《三門とは》

紅葉の中に見えるのは、重要文化財の三門です。
「三門」とは、「山門」とも表されますが、仏道修行で悟りに至る為に
透過しなければならない三つの関門を表す、空、無相、無作の
三解脱門を略した呼称だそうです。


IMG_1930.jpg

南禅寺の三門は別名「天下竜門」とも呼ばれます。
開創当時のものは文安四年の火災で焼失しました。


現在の三門は寛永5年(1628)藤堂高虎が大阪夏の陣に倒れた家来を
弔うために再建したもので、禅宗様式で建てられた圧倒的な存在感です。
また歌舞伎「楼門五三桐」の石川五右衛門の伝説でも有名な三門です。

IMG_1962.jpg

こちらは、南禅寺境内を横切る赤煉瓦の「水路閣」。
琵琶湖疎水を上部に流す陸橋で、古代ローマ風の建築様式。

ひなびた色合いが南禅寺の古めかしさに馴染む、人気のスポットです。

IMG_1912.jpg

境内の銀杏も色づいて来ました。

IMG_1918.jpg

紅葉見頃の南禅寺。
この週末は、ますます色付いて来ます。

IMG_1957.jpg

《南禅寺》

〇所      〒606-8435 京都市左京区南禅寺福地町
〇境内無料、三門500円、方丈庭園500円
〇アクセス  市バス 東天王町下車または南禅寺・永観堂道下車、徒歩10分。
〇アクセス  地下鉄 地下鉄東西線蹴上駅下車、徒歩10分。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年11月16日
« 前の記事「京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色」へ
»次の記事「竹林と紅葉「直指庵」」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    86万球が輝く「ロームのイルミネーション」
    初冬の京都を彩る「嵐山花灯路2018」
    竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉
    燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」
    インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」
    ジオラマで見る「嵯峨鳥居本」昭和初期風景
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    天然記念物「逆さ銀杏」が見頃「西本願寺」
    ロームのイルミネーション
    錦秋景色広がる「しょうざんリゾート」
    紅葉見頃の「鷹峯」を歩く
    黄色・・赤色・・茜色「常照寺色の紅葉」
    羅漢1200像が見る紅葉「愛宕念仏寺」
    圧巻の夜景!「清水寺ライトアップ」
    「八坂の塔」を見ながら歩く小路
    歩いても眺めても良し「詩仙堂の紅葉」
    宮本武蔵を思う「八大神社」。
    羅漢像が見る「赤山禅院」の紅葉。
    京大の中のレストラン『カンフォーラ』。
    彩りの時を迎えた「真如堂」。
    一枚の絵の様な紅葉景色。一条寺「圓光寺」。
    嵐渓に映る紅葉景色「嵐山」。
    光に映える「嵯峨鳥居本」の紅葉。
    「高雄・神護寺」空海を思う紅葉景色。
    明治から続く西陣の飴の店「たんきり飴本舗」。
    〇と▢の窓「鷹ヶ峯・源光庵」。
    色づき始めた「堀川通の銀杏並木」。
    おおっ眩しい!「11月初めの金閣寺」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集