海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 2019年の干支は「亥」・足腰の守護「護王神社」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月30日

2019年の干支は「亥」・足腰の守護「護王神社」


2019年の干支は「亥」・足腰の守護「護王神社」

IMG_2461.jpg

《護王神社の歴史》
京都御所の西側、蛤御門の向かいにある護王神社の大きな絵馬には、
来年の干支「亥」(イノシシ)が描かれてます。
護王神社は、もともと高雄山神護寺の境内にあり、和気清麻呂(わけのきよまろ)公を祀っていました。
「護法善神」と称され祀られていましたが、江戸時代末期に和気清麻呂公の功績が讃えられ、
明治7年(1847)に「護王神社」と改称されました。
そして明治19年(1866)に明治天皇の勅命で、御所の西の現在の位置に移って来ました。

IMG_2458.jpg


《和気清麻呂公とイノシシ》

神社に入ると沢山のイノシシに出あいます。
清麻呂公は、桓武天皇に平安遷都を推進し、造宮大夫として活躍した方です。
しかし、九州・鹿児島へと流刑に処されます。
鹿児島へ向かう途中、大分県の宇佐八幡へお参りに向かいました。
その時、どこからか三百頭ものイノシシが現れ、宇佐八幡への道のりを案内してくれたそうです。
その頃の清麻呂公は辛い足の痛みに悩まされていたそうです。
イノシシたちの守護と道案内のおかげで、清麻呂公は無事に宇佐八幡宮で参拝を終えると、
あれほど痛かった足の痛みは治っていたそうです。
この故事に因み、清麻呂公を祀る『護王神社』は"足腰の守護"のご利益が頂ける神社として知られるようになりました。

IMG_2452.jpg

《足腰の神様》

護王神社は、毎年行われている京都マラソンや全国高校駅伝の時期には多くのランナーの方が参拝に来られています。
僕も数年前にギックリ腰を起こした時、ここにお参りしました。
来年の干支は亥(イノシシ)ですから、より多くの方がお参りされそうです。

IMG_2474.jpg
《護王神社》

○所      京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町(京都御所蛤御門前)
○アクセス
     地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車、北へ徒歩7分
     市バス51系統「烏丸下長者町」下車すぐ
○境内      無料
〇参拝時間    6:00~21:00

IMG_2463.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2018年12月30日
« 前の記事「優しい甘さ「宇治抹茶入りの飴」」へ
»次の記事「ブログから見た2018年の「京都」」 へ
おすすめ記事
京都特派員 新着記事
茅葺の里では1月26日から「雪灯廊」です
イノシシがいっぱい「禅居庵」
龍馬が眠る「京都霊山護国神社」
2019年「龍馬」の足跡を訪ねて・・・
白梅が咲いています「清凉寺」
冬の使者・鴨川の「ユリカモメ」
「謹賀新年」京都駅ビル大階段はお正月バージョン
ブログから見た2018年の「京都」
1年前の同じ月に投稿された記事
京都の花暦を追いかけて
初冬の風物詩「広沢池・鯉揚げ風景」
Xmasイブ
初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
Xmas近づくUSJ
光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
「USJ」圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
大きな絵馬は、来年の「戌」
晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集