海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月 4日

燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」


燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」

12月に入り、京都の紅葉情報では見頃と落葉近しが半々位となって来ています。
先週まで行われていた清水寺ライトアップの様子です。
今年のライトアップは12月2日まででした。

P1520567.jpg

《圧巻の紅葉景色》
清水寺と言いますと、京都で1番多く観光客が訪れる所です。
清水寺の参拝者数は年間で約1,000万人以上の方が訪れるそうです。
どの季節も多くの人で賑わっていますが、紅葉の時は、なお更に多くなります。

P1520557.jpg


特に最近は外国からの観光客も沢山来られていて、より混雑しています。
混雑が苦手と言う人には、清水寺は朝の6:00~から参拝出来ますので
早朝のお参りも良いかと思います。

P1520553.jpg

《紅葉に映える三重塔》
清水寺の境内は広く、一周見て回るのに約1時間位掛かります。
境内に入ると朱塗りの三重塔に目が行きます。
塔の高さ約31メートル。塔は日本に存在する三重塔の中では最大級の建造物で、鮮やかな朱塗りが夜景に
映えています。塔内部には大日如来像が祀られていて、極彩色の金剛界曼荼羅や
飛天・龍などが天井や柱に描かれています。
IMG_08631清水寺.jpg

清水寺では、2008年から11年という期間を予定して、
大改修も行われています。
清水寺は、平安京が生まれる以前からの歴史をもつ寺院。
創建は平安京遷都よりも古く宝亀9年(778年)に開山されたと伝えられています。

P1520601.jpg

境内には約1000本のモミジがあり、本堂崖下の渓谷・錦雲渓(きんうんけい)の
燃え上がる紅葉風景には圧倒されます。
錦を織りなすのは、楓と桜の紅葉。

P1520572.jpg

以上、清水寺夜間ライトアップの様子でした。

京都の紅葉は佳境を迎えつつあるものの、まだまだ見頃の所も多いですから
紅葉情報等でチェックしながら訪れて下さいね。


P1520610.jpg
《清水寺》
◎所     〒605-0862 京都府京都市東山区清水1丁目294
◎参拝料   大人・大学生・高校生400円、小学生・中学生200円
◎参拝時間  午前6:00 ~ 午後6:00
       (夜間ライトアップは12月2日で終了しました。)

◎アクセス  京阪電車祇園四条駅・徒歩20分
       阪急電車河原町駅下車・徒歩20分
       市バス清水道・五条坂から徒歩10分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年12月 4日
« 前の記事「インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」」へ
»次の記事「竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬の京都を彩る「嵐山花灯路2018」
    竹の寺「地蔵院」一休さんが見た紅葉
    燃え上がる1000本の紅葉「清水寺」
    インスタ映えする「グラフィカルイルミネーションPlus」
    ジオラマで見る「嵯峨鳥居本」昭和初期風景
    竹林と紅葉「直指庵」
    この門を入れば錦秋景色「南禅寺」
    京へ三里 水の「清滝」 紅葉景色
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都の花暦を追いかけて
    初冬の風物詩「広沢池・鯉揚げ風景」
    Xmasイブ
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集